ゴルフ雑談

グリーン周りのアプローチする際にグローブ(手袋)をするか?しないか?を考えてみた

投稿日:2019年5月25日 更新日:

ゴルフが好きなので、地上波で放送されているゴルフ番組は、ほぼ欠かさずチェックしているのですが、その時に気になったことが…

そのテレビ番組とは、千葉テレビで放送している牧野裕のEnjoy Golfです。

牧野裕のEnjoy Golfホームページ(https://www.chiba-tv.com/program/detail/1009

この番組は、牧野裕プロが毎回ゲストと一緒にラウンドを行い、時にはワンポイントレッスンなどをしていくもので、小さい子供からシニアの方まで、色々な方が参加して、プレーしています。私も、いつかは出てみたいような気もします…

さて、本題です。この番組で、牧野裕プロがグリーン周りでアプローチをする際に、グローブ(手袋)を外していたのを見たのです。

私は、パターをする際には、グローブ(手袋)を外してパッティングをするのですが、今まではアプローチではグローブ(手袋)を外さずにプレーしていました。

グローブ(手袋)の役割といえば…

  • クラブを振る際に滑らないようにする
  • クラブを振ることで起きる摩擦で、手にマメなどができないようにする
  • 夏に日焼けをしたくない

こんな感じでしょうかね。

特に3番目は、女性でグローブ(手袋)を両手にしている方は、日焼けを意識しているかもしれませんが…

1番目と2番目の理由でいうと、パッティングやグリーン周りのアプローチにおいては、フルショットをすることもないので、当然ながら滑ったりマメができたりすることは、ありませんので、よくよく考えてみるとグローブ(手袋)をする必要がないのかもしれません。

私は、今まではパターの時のみ素手でプレーしていたのですが、この番組を見て、グリーン周りのアプローチに関してもグローブ(手袋)を外してみようと思い、前回のラウンドで実践してみました。

ゴールド木更津カントリークラブ(千葉県君津市)にてラウンドをしてきた!-今年初の70台ラウンドへ-

続きを見る

 

結果…

寄せワンが8ホール、チップイン2ホール

という中々の好成績を上げることができました。

実感として…

  • パターと同じように力まずに打つことができる
  • フルショットではないと頭にも覚えさせ、パンチが入るのを防ぐ
  • グローブ焼けが少し改善される

こんな感じでしょうか。

最後のは、冗談みたいな話ですが、一番は、アプローチでパンチが入らないことではないでしょうか。やはりグリーン周りに来ると寄せワンが欲しいと思うので、そこでついつい力が入ってしまう事があります。でも、グローブ(手袋)を外すことで、頭もフルショットじゃないとリセットされて、ソフトタッチが出るような気がします。

グリーン周りのアプローチが苦手な方などは、是非この方法を試してみてください。改善されるかもしれませんよ。

 

-ゴルフ雑談
-,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.