ラウンド記録

南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた-6連続パーオンも…-

投稿日:2020年3月16日 更新日:

今日は、南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。

ここ最近は、ラウンドでも良いショットが随所に出るがあるものの大たたきのホールがどうしてもあって良いスコアでは上がれないラウンドが多いのですが、今回は、どんな感じになるのか?楽しみです。

今回は、ショットに関しては、右わきをしめてバックスイングをすること、パッティングに関しては、初めてボールに線を引いてラウンドに望みました。

そんなラウンドですが、どんな感じになったでしょうか?

南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)は、距離のないコースですが、丘陵コースという事で、アップダウンと左右OBが結構迫っているホールも多いので、注意が必要です。

【西1番PAR4】
ティーショットは、ユーティリティで打ち、右のラフへ。2打目は、9番アイアンでグリーン5mほどの乗せたもののここから3パットでボギー
【西2番PAR5】
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、ユーティリティでフェアウェイをキープ。3打目は、バーディーチャンスにつけるもの入らずにパー
【西3番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、グリーンに乗せたものの上からのパットは、グリーンを出てしまったものの、そこから寄せワンしてボギー
【西4番PAR3】
ティーショットは、グリーンに乗せて2パットでパー
【西5番PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、ユーティリティで刻み、3打目を乗せて2パットでパー
【西6番PAR4】
ティーショットは、左サイドにややひっかけ。セカンドは、グリーンを捉え、2パットでパー
【西7番PAR3】
ここまで6連続パーオンできていたティーショットは、アゲインストが厳しいホールで大き目のユーティリティで左にひっかけてOB…前進4打から乗せたもののここから3パットで4オーバー
【西8番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、一度グリーンに乗ったものの戻ってしまい、グリーン手前へ。そこからのアプローチを寄せてパー
【西9番PAR4】
ティーショットは、やや右サイドのラフへ。セカンドは、ライが悪い所からグリーン手前へ。アプローチもカラーで止まってしまい、4オン2パットになってしまい、ダブルボギー

前半は、結果44で終了。5つパーを取り、パーオンも6ホールあったものの、7番のショートホールでの大たたきが大きく響いた結果に。それでもショット自体は、良い感じだったので、後半に繋げていきたい。

 

【東1番PAR5】
ティーショットは、右のラフへ。セカンドは、7番アイアンで刻み、3打目は、グリーンやや左サイドへ。ここから4オンしたものの2パット目は、ピンに弾かれて入らないという不運の展開でダブルボギー
【東2番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、セカンドは、木がスタイミーになっていたので6番アイアンで転がし、グリーン奥へ。このアプローチを寄せてパー
【東3番PAR5】
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、ユーティリティで刻み、3打目は、アゲインストの厳しい中、ミスショットでグリーン右サイドへ。このアプローチを一度失敗したものの次のアプローチを寄せてボギー
【東4番PAR4】
ティーショットは、右のラフへ。セカンドは、ナイスショットだったもののアゲインストに戻されグリーン手前へ。そこから寄せてパー
【東5番PAR4】
ティーショットは、右サイドのラフへ。セカンドは、大きく右に出てしまい、グリーンまで50ヤード付近へ。3打目を大きくダフリ、4打で乗せて2パットでダブルボギー
【東6番PAR3】
ティーショットは、6番アイアンでグリーンをオーバー。アプローチを寄せきれずにボギー
【東7番PAR4】
ティーショットは、やや右目のフェアウェイへ。セカンドは、ピン横1.5mのバーディーチャンス。これをやや強めだったものの沈めてバーディー
【東8番PAR4】
ティーショットは、5Wでフェアウェイをキープ。セカンドは、風に乗ったこともあり、グリーンをオーバー。これを寄せきれずのボギー
【東9番PAR3】
ティーショットは、7番アイアンでナイスショットと思ったもののグリーン手前へ。ここから寄せきれずにボギー

結果後半は、バーディーがあったものの43で終戦。

今日のポイントにあげていた、右の脇をしめることに関しては、ショットの正確性が増すことが判明。ただし、捻転不足になることが懸念されるので、そこはしっかりと意識していきたい。

ボールに書いた線については、今日の感じだとちょっと合わない気がした。構えたときにその線が本当に正確なのか?と疑心暗鬼してしまう所があり、方向性が逆にうまくいかなかったように感じた。

という事で、次回は勝浦ゴルフ倶楽部での練習ラウンドが予定されているので、その際は、上記のチェックポイントを頭に入れてプレーしたい。

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.