ラウンド記録

東京ベイゴルフコース(千葉県富津市)でラウンドしてきた!-PGMの新サービスクールカート初体験-

投稿日:

今日は、東京ベイサイドゴルフコース(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。こちらは、とても景色の良いコースで、今回初のクールカートを体験してきました!

CMでご存知の方も多いと思いますが、一人に1台こちらの機械がついています。風が出てきて(冷風ではありません)風は、2段階で切り替える事が出来て、風の方向は、手動で動かすことができます。

更にクーラーボックスに保冷剤とオロナミンCとおしぼりなどがついてくるという暑さ対策ばっちりのこちらのプランは、現状では一人700円で受ける事ができます。

東京ベイサイドゴルフコースは、高台に位置してるので、眼下に東京湾を望むことができて、とても景観が良いゴルフ場です。

今日は、OUTコースからのスタートで、こちらの打ち下ろしからとなります。

当然、今回も本間のプロトタイプドライバーを手にラウンドをしていきますが、本日の設定は、HIGHとして高いボールが出る設定にしてみました。

天気も絶好のラウンドでしたが、本日の結果です。

【1番ホール】387ヤード(Dr)→86ヤード(PS)→15ヤード(PS)→4m
豪快な打ち下ろしがティーショットの難易度をあげるミドルホール。ティーショットは、アゲンストの風も感じてドライバーを持ち、右サイドのバンカーを超えて良いポジションへ。セカンドショットは、86ヤードからPSで少し前上がりのライからしっかり打てずにショート。15ヤードのアプローチを寄せきれず4mを残してしまい、ボギースタート。
【2番ホール】126ヤード(8i)→5m
距離はないものの三段グリーンがプレーヤーを悩ませるショートホール。ティーショットは、8番アイアンで打ち、ピン奥へワンオン。5mのパットをOKにつけてパー。
【3番ホール】355ヤード(Dr)→200ヤード(21UT)→60ヤード(PS)→8m
右のOBがプレッシャーになるミドルホール。ティーショットは、左に引っ掛けてラフへ。セカンドショットは、200ヤード以上残り、UTで打ち、グリーン手前へ。そこからのアプローチも8mと寄せきれずにボギー。
【4番ホール】363ヤード(Dr)→140ヤード(26UT)→20ヤード(PS)→1m
個人的には、難易度NO1の左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、良い感じだったもののフェアウェイへだけど斜面へ。セカンドショットは、前上がりのライから打ち上げも考慮して、26度のユーティリティで狙った方向へ。3打目は、20ヤードからPSでピン奥1mへつけ、パーのチャンスだったものの、これを沈める事が出来ずにボギー。
【5番ホール】175ヤード(26UT)→バンカー20ヤード(SW)→10ヤード(PS)ー→2m
打ち下ろしのショートホール。ティーショットは、26度のユーティリティで、バンカーへ。バンカーショットは、カラーとなり、そこからのアプローチを2mとしたもののこれを外してダブルボギー。
【6番ホール】387ヤード(Dr)→170ヤード(5W)→15ヤード(PS)→3m
やや距離のあるミドルホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、上りを加えて170ヤード+20ヤードを見て、5番ウッドでショットして、ナイスショットだったもののグリーン奥へ。そこからのアプローチを3mとして、これを沈める事が出来ずにボギー。
【7番ホール】444ヤード(Dr)→240ヤード(5W)→70ヤード(PS)→6m
やや打ち上げのロングホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドで残り70ヤード地点へ。PSのアプローチは、6mとして、下りのラインを読み切ってバーディー!!!
【8番ホール】347ヤード(Dr)→160ヤード(26UT)→70cm
やや右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、やや右目に出てフェアウェイだったものの距離を残す。セカンドショットは、前上がりを考慮して26度のユーティリティで70cmにつけるスーパーショット。これを沈めて連続バーディー!!!
【9番ホール】464ヤード(Dr)→230ヤード(5W)→74ヤード(PS)→6m
池が絡むロングホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドでフェアウェイへ。3打目は、74ヤード残りからPSで6mにナイスオン。しかし、ここからのパッティングが3パットとなり、ボギー。

ショットが安定してきて、連続バーディーが取れたものの、最終ホールの3パットもあり、41で終戦。ショットの安定感も出てきてる感じがするものの、パッティングが安定せずにスコアに直結で来てない感じ。

 

【10番ホール】160ヤード(5i)→15ヤード(PS)→2m
東京湾観音と海が絶景の打ち下ろしのショートホール。ティーショットは、5番アイアンが右に出てラフへ。アプローチは、PSで2mにつけたものの入らずにボギー。
【11番ホール】567ヤード(Dr)→280ヤード(5W)→131ヤード(8i)→1.5m
途中でフェアウェイが細くなっているロングホール。ティーショットは、やや右に出たもののフェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドでフェアウェイをキープ。3打目は、131ヤードを8番アイアンで、1.5mのバーディーチャンスを作るものの入らずにパー。
【12番ホール】318ヤード(21UT)→117ヤード(9i)→4.5m
距離のない打ち下ろしのミドルホール。ティーショットは、21度のユーティリティでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、9番アイアンでピン奥4.5mにつけ、2パットでパー。
【13番ホール】145ヤード(7i)→8m
池越えの横長グリーンのショートホール。ティーショットは、7番アイアンで打ちグリーンオン。8mのバーディートライをしっかり2パットでおさめてパー。
【14番ホール】300ヤード(Dr)→100ヤード(9i)→5,5m
距離のないミドルホール。ティーショットは、良い感じでフェアウェイへ。セカンドショットは、100ヤードの打ち上げを考慮して9番アイアンでグリーンオン。5,5mのバーディートライは、外したもののパー。
【15番ホール】335ヤード(Dr)→115ヤード(5i)→70ヤード(PS)→1.2m
左の池が気になるミドルホール。ティーショットは、右サイドへ。セカンドショットは、木がスタイミーで低い球で狙おうと5番アイアンを持ったものの、うまく当たらずにラフへ。70ヤードのアプローチを1.2mにつけて、これを沈めてパー。
【16番ホール】402ヤード(Dr)→180ヤード(21UT)→135ヤード(6i)→1m
景観が最高の右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、右に出てラフから降りてきて一応フェアウェイ。セカンドショットは、前に傾斜があり、21度のユーティリティで打ったものの球が上がらずに残り135ヤードとしてしまい、持っていたのが、6番アイアンだったので、短く持ち、軽くライン出しで打った打球は、1mと絶好のポジションについたもののこれを外してボギー。
【17番ホール】332ヤード(Dr)→120ヤード(8i)→7ヤード(PS)→2.5m
ティーショットは打ち下ろし、グリーンへは打ち上げのミドルホール。ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイへ。セカンドショットは、打ち上げの120ヤードで8番アイアンで打ち、左にドローしてしまい、グリーンを外し、PSでのアプローチを2.5mとパー圏内につけたものの入らずにボギー。
【18番ホール】478ヤード(Dr)→242ヤード(21UT)105ヤード(PW)→7m
池が絡むロングホール。ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドショットは、21度のユーティリティでフェアウェイをキープし、3打目は、PWでグリーンオン。7mのバーディーパットは、入らずに2mオーバーして、これも外して3パットのボギー。

後半は、3m弱のパットを外しまくっての40とスコア的には満足してるものの、なんだか欲求不満のラウンド。でも、これが実力ってもんなんだろうと理解…パットの練習をもっとしっかりしないとダメですな。

【使用クラブ】
・ドライバー  13回
・5番ウッド 3回
・21度UT 4回
・26度UT 3回
・5番アイアン 3回
・6番アイアン 1回
・7番アイアン 1回
・8番アイアン 3回
・9番アイアン 2回
・PW 1回
・PS(52度) 12回
・56度 0回
・SW 1回
・PT 34回
今日は、52度のウェッジが大活躍したって事はアプローチがラフだったことが多いってことです。パッティングがイマイチだったこともあり、この辺は反省材料。

 

東京ベイサイドゴルフコース基本情報

住所

〒299-1621 千葉県富津市竹岡4277-2

東京ベイサイドゴルフコース

 

電話

0439-67-2611

ホームページ

https://booking.pacificgolf.co.jp/guide/159.html

開場日

2001年10月2日

設計者

大日本土木株式会社

ホール数

18ホール

グリーン数

1グリーン(ベント)

コース名

OUT、IN 各9ホール

距離

6,515ヤード

 

 

-ラウンド記録
-,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2022 All Rights Reserved.