ラウンド記録

強風が吹き荒れる中、南総ヒルズカントリークラブ(千葉県富津市)にて、ラウンドをしてきた

投稿日:2019年3月13日 更新日:

先日、天気予報では、強風10m以上という話だったのですが、南総ヒルズカントリークラブ(千葉県富津市)にてラウンドをしてきました。

昨年は、1度南総ヒルズカントリークラブ(千葉県富津市)の記事を書いていますが、その時は、76というベストスコアタイの好スコアを出していました。

そして、今年も当初予定していたゴルフ場がキャンセルになったことで、1度回っています。

こちらの南総ヒルズカントリークラブ(千葉県富津市)は、マザー牧場(千葉県君津市)に近いこともあり、ラウンド中にも写真のように見ることができます。この時期は、菜の花が綺麗に咲いているのか?黄色の花を見ることができます。

東コースの2番ホール。左にひっかけると隣のホールですが、無罰でドロップできるので、少々甘いセッティングです。

さて、それでは、ラウンドの結果です。

前半は、東コースを回りました。

【1番ホール】崖越えと途中くびれのあるロングホール
・ティーショットは、やや左サイドのフェアウェイへ。セカンドが木がスタイミーでフェアウェイへ出すだけ。3打目は、グリーン左サイドに外し、そこから寄せきれずにボギー。

【2番ホール】やや打ち上げの距離の無いミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、やや大きめとなり、寄せきれずにボギー。

【3番ホール】やや打ち下ろしの左ドッグレッグのロングホール
・強風という事で、かなりの風を感じたこのホール。ティーショットは、フェアウェイへ。2打目もフェアウェイにレイアップし、3打目は、ユーティリティーで打った打球は、風にあおられ右のOBへ…打ち直しも右サイドに外してしまい、そこからアプローチを失敗し、次のアプローチで寄せてトリプルボギー。

【4番ホール】フラットで距離の無いミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイを捉え、セカンドは、P/Sでショットしたもののややグリーンショート。そこからアプローチは、OKの距離で寄せワンのパー

【5番ホール】打ち下ろしのやや左ドッグレッグしているミドルホール
・ティーショットは、やや右に出てしまいラフへ。セカンドは、アイアンが右に吹けてしまい、アプローチは、40ヤード残し。そこから寄せてワンパットでパー。

【6番ホール】やや打ち上げとなるショートホール
・ティーショットは、7番アイアンでのショットでグリーンオーバー。アプローチを寄せきれずにボギー。

【7番ホール】打ち下ろしの左ドッグレッグのミドルホール
・ティーショットは、当りが薄いもののフェアウェイをキープ。セカンドは、ユーティリティーでグリーンオン。そこから2パットでパー。

【8番ホール】ワンオンも狙える右ドッグレッグのミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドのアプローチは、大ダフリ…そこから寄せきれずに2パットのボギー。

【9番ホール】崖越えのやや距離を感じるショートホール
・ティーショットは、グリーン右サイドに外してしまったものの、そこからアプローチを寄せてOKパー。

前半は、OBも1発あったものの、なんとか43でのハーフラウンド。パッティングが14と示すように、アプローチとパッティングで凌いだ印象。

後半は、中コースです。前半43でしたので、目標としては、42で85といったところでしょうか。

【1番ホール】緩やかな打ち下ろしの距離の無いミドルホール
・ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイと思いきや中央の木がスタイミーな場所へ。セカンドは、5番アイアンでのランニングを選択したものの、グリーンをオーバー。奥からのアプローチは、まずまずと思ったけど、グリーンをさらにオーバー…次のアプローチも寄せきれずにダブルボギー。

【2番ホール】距離のある谷越えのショートホール
・ティーショットは、フォローの風に乗りグリーンオーバー。セカンドは、寄せきれずに2パットのボギー。

【3番ホール】やや打ち上げで右ドッグレッグのロングホール
・ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、レイアップでフェアウェイへ。3打目は、グリーンオンせずにアプローチも寄らずに2パットのボギー。

【4番ホール】やや打ち下ろしの右ドッグレッグのミドルホール
・ティーショットは、今日イチでフェアウェイをキープ。セカンドは、グリーン6mほどにオン。スライスラインをやや強めのパットが入ってバーディー。

【5番ホール】崖越えの横に長いグリーンが特徴のショートホール
・ティーショットは、6番アイアンでのショットは、風にも乗ってしまいグリーンオーバー。アプローチは、ライン上にグリーン外があるという状況から寄せきれずに2パットのボギー。

【6番ホール】緩やかな打ち下ろしのやや距離のあるストレートなミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、ナイスショットのイメージだったもののガードバンカーへ。そこからピン直撃のナイスリカバリーでパー。

【7番ホール】打ち上げで距離のあるミドルホール
・ティーショットは、風にもあおられ、右のゾーンへ。ロストでOB扱いとなり、特設ティーからのショットは、グリーン横へ。そこからアプローチを寄せて、ダブルボギー。

【8番ホール】打ち下ろしのほぼストレートのミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、グリーンややショート。アプローチを寄せてパー。

【9番ホール】距離のある右ドッグレッグのロングホール
・個人的には、このコースの中での難易度は、NO1と感じるロングホール。ティーショットは、風にもあおられて右のOB。特設ティからは、左を狙ったものの。傾斜があり右のラフまでボールが来てしまったものの、5打目は、オンして、2パットのダブルボギー。

後半は、バーディーがあったものの3つのダボ(2つはOBが原因)で、44となってしまいました。前後半を通じて、アプローチとパッティングは、良いだけにOB3発のラウンドは、とても厳しい。

次回は、16日の土曜日に、スクランブルゴルフメンバーとのメンバー選考ラウンドなので、その辺を気を付けてラウンドをしたい。

南総ヒルズカントリークラブ基本情報

住所

〒299-1731 千葉県富津市田倉865-1

千葉県富津市田倉865-1
電話番号

0439-68-1131

ホームページ

http://www.pacificgolf.co.jp/nansohills/

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.