ラウンド記録

総丘カントリー倶楽部【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた!-アプローチとパターで凌ぐラウンド-

投稿日:2019年9月2日 更新日:

今日は、総丘カントリー倶楽部【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドをしてきました。こちらのゴルフ場でラウンドするのは、今年9回目となります。PGMの株主優待券(3,500円)を使ってプレーし、料金は2,400円でした。トータル5,900円ということですが、株主優待券は、ヤフーオークションで落札しているので、実質は2,300円くらいですので、5,000円かからずに昼食付でプレーできるという事になります。

9月に入ったというのに30度を超す気温の中のラウンドです。ちなみに9月中は、コウライグリーンということなので、この日もコウライグリーンでのラウンドとなりました。

さて、結果です。

【1番ホール】距離のないストレートでやや打ち下ろしのロングホール
・ティーショットは、力んだのか?チョロで、レディスティーの近く…セカンドは、ラフからだったので、ユーティリティーで残り180ヤード地点まで運び、サードは、崖を意識して、サブグリーンとの間に向かって打ち、アプローチでグリーンオンし、2パットでボギー。

【2番ホール】やや打ち上げのショートホール
・ティーショットは、ユーティリティーでコントロールショットをしてワンオン。しかし、2パット目のショートパットをカップにくるっと外してしまい、3パットのボギー。

【3番ホール】打ち上げのミドルホール
・個人的には、OUT1番の苦手ホール。ティーショットは、ユーティリティーでフェアウェイへ。セカンドは、やや左にひっかけてしまい、グリーン手前へ。アプローチを寄せてパー。

【4番ホール】やや打ち下ろしのミドルホール
・ドライバーのティーショットは、右ラフへ。セカンドは、3mのバーディーチャンス。2パットでパー。

【5番ホール】ストレートなミドルホール
・ティーショットは、やや右に行ってしまいラフへ。セカンドは、ナイスショットだったもののグリーンの落ちてからオーバー。グリーン奥からのアプローチをOKにつけてパー。

【6番ホール】打ち上げのロングホール
・ティーショットは、右のワンペナ方向へ。木に当たったのか?なんとか残っていて、セカンドは、左の斜面に。3打目は、グリーンまで30ヤード地点まで運び、アプローチを3mにつけて、これをしぶとく決めてパー。

【7番ホール】打ち下ろしのショートホール
・ティーショットは、9番アイアンでややショート。アプローチを寄せてパー。

【8番ホール】打ち下ろしのミドルホール
・ティーショットは、やや右目のラフへ。セカンドは、左にひっかけてしまい、アプローチは、1.5mにつけたものの、またもカップにくるんとされてボギー。

【9番ホール】ストレートなミドルホール
・ティーショットは、ここまでの今日イチショットで、フェアウェイへ。セカンドは、グリーンやや奥目にオン。2パットでパー。

前半は、ティーショットが結構曲がっていたことで、不安の残るラウンド。とはいえアプローチとパターで凌ぎ39で回れたのは、ある意味収穫。

【10番ホール】豪快な打ち下ろしのロングホール
・ティーショットは、やや左サイドのラフへ。セカンドは、ユーティリティーでまたも左サイドのラフ。3打目は、まずまずのあたりでグリーン手前へ。アプローチは、寄せきれずに2パットのボギー。

【11番ホール】打ち下ろしのショートホール
・ティーショットは、9番アイアンで加減しすぎてショート。そこから寄せてパー。

【12番ホール】豪快な打ち下ろしのミドルホール
・ティーショットは、ややテンプラ目でしたが、フェアウェイへ。セカンドは、グリーン手前50ヤードへ。アプローチを2mに寄せてパー。

【13番ホール】崖越えのショートホール
・ティーショットは、6番アイアンで左目のカラーへ。これを寄せきれずにボギー。

【14番ホール】やや右に曲がるロングホール
・ティーショットは、やや右目のラフへ。セカンドは、ユーティリティーでフェアウェイへ。3打目は、やや距離を残してグリーン右目に外し、これを寄せきれずにボギー。

【15番ホール】一番苦手の距離のある左ドッグのミドルホール
・ティーショットは、ドライバーで右のラフへ。セカンドは、ユーティリティーでグリーン手前40ヤードへ。そこから寄せきれずにボギー。

【16番ホール】とても広いフェアウェイのミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、70ヤード弱と中途半端な距離で考えすぎてシャンク目に。グリーン横からのアプローチは、1.5mにつけるも2パットのボギー。

【17番ホール】崖越えから超砲台グリーンのミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、グリーン6mに乗せて2パットのパー。

【18番ホール】豪快な打ち下ろしからの打ち上げのミドルホール
・ティーショットは、ややテンプラ気味のフェアウェイへ。セカンドは、ダフリでラフへ。アプローチもややショートしたものの、ここから寄せてボギー。

結果後半は、42で終了。後半は、パーオンも少なく、アプローチも前半ほどのキレがなくスコアとしては平凡な感じ。しかし、それでもボギーまででスコアをまとめることができたのは、収穫。結果、パーとボギーが半々という中々面白いスコアだった。

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2019 All Rights Reserved.