ラウンド記録

南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた-ティーショットが安定せず不調脱出ならず-

投稿日:2021年3月25日 更新日:

今日は、南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。

知り合いの居酒屋のお店のコンペに参加です。今回は、東→中コースでのラウンドでした。

サルが我が物顔で闊歩していましたけど、ゴルフ場の方に聞くと、特に悪さはしないようです。木の実などを取って食べたりして、子ザルも結構いました。見てる分には可愛いですけどね。

ゴルフ場は桜が満開でした。この時期のゴルフ場はとても綺麗ですし、天候的にも暑くもなく寒くもなくといったところで、プレーしやすいですね。

という事で結果です。

【東1番PAR5】
手前に崖、途中にも崖と、1発失敗すると大きくスコアを崩す可能性があるPAR5。ティーショットは、天ぷら気味で左サイドのラフへ。セカンドショットは、途中の崖を避ける形でレイアップ。3打目は、140ヤードから打ち上げを考慮して5番アイアンでショットし、グリーン右サイドへ。アプローチを2mに寄せてパー。
【東2番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットは、当りが悪かったもののフェアウェイへ。セカンドショットは、100ヤード弱からトップ目でグリーンオーバー。アプローチは、自分としては良い形で打てたと思ったところが、下りでカラーまで出てしまい、2パットのボギー。
【東3番PAR5】
籠の中からティーショットを打つという珍しいPAR5。セカンド地点から先が見えないので、トラブルも多いホールで、ティーショットは、今日イチショットでフェアウェイへ。セカンドショットは、ユーティリティを失敗して、3打目の距離を残してしまい、3打目は、グリーン手前にショート。アプローチを狙いすぎてカラーに落としてしまい、寄せきれずにダブルボギー。
【東4番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットはやや右目のラフへ。セカンドショットは、100ヤード弱からグリーンオン。バーディーチャンスとは言えない距離から2パットでパー。
【東5番PAR4】
やや左ドッグ目でティーショットの狙い処が難しいPAR4。ティーショットは、これも良い感じでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、8番アイアンが少し左に出たもののグリーンを捉える。2パットでOKでパー。
【東6番PAR3】
ティーイングエリアから少し遠く感じるPAR3。ティーショットは、6番アイアンで少し噛んでしまいガードバンカーへ。バンカーショットは、まずますで3mに乗せたものの入らずにボギー。
【東7番PAR4】
やや打ち下ろしを感じるPAR4。ティーショットは、右サイドのフェアウェイをキープし、セカンドショットは9番アイアンでトップしてOBゾーンへ…痛恨のミスから打ち直しは、グリーンオンして、2パットでダブルボギー。
【東8番PAR4】
距離がなく、飛距離が出る人はワンオンもチャレンジできるPAR4。ティーショットは、5番ウッドで、左サイドからフェアウェイに転がり落ちてくるショット。セカンドショットは、80ヤードからピン奥目の2mにつけるバーディーチャンス。しかし、下りが早くしっかり打てずに2パットのパー。
【東9番PAR3】
手前が崖になっていて、少し素人にはプレッシャーがかかるPAR3。ティーショットは26度のユーティリティオーバーしてしまう。アプローチは、良い感じで2mに寄せたものの入らずにボギー。

前半は、OBが大きく響いて43というスコアでした。同伴競技者は、かなり叩いてしまっていましたので、コンペでの好成績は、ちょっと難しい所…

【中1番PAR4】
距離がなく打ち下ろしのホール。ティーショットは、ナイスショットで、グリーンまで50ヤードまでもっていき、このアプローチを乗せることができずに3オン2パットのボギー。
【中2番PAR3】
やや距離を感じるショートホール。ティーショットは、8番アイアンでグリーンオーバー…なんとなく距離が出てしまう感じ。アプローチは、寄せきれずにボギー。
【中3番PAR5】
打ち上げが続くPAR5。ティーショットは、左に左にと意識したのに、結果は右のOBへ…絶句。前進4打からフェアウェイに運び、5打目を乗せることができずに6オン2パットのトリプルボギー。完全なミスで撃沈。
【中4番PAR4】
やや打ち下ろしでティーショットの落としどころが狭いホール。ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドショットは、ややオーバー。ショートアイアンの距離感が出ない感じで下りのアプローチは寄せきれずにボギー。
【中5番PAR3】
横に長いグリーンのショートホール。ティーショットは、6番アイアンですこしダフリ気味だったもののグリーンオン。15mくらいあるパットは、2mに寄せたものの、これを沈めることができずに3パットのボギー。
【中6番PAR4】
ゆるやかな打ち下ろしで少々距離のあるホール。ティーショットは、右に出てしまい斜面へ。セカンドショットは、フェアウェイに出し、3打目を乗せてボギー。
【中7番PAR4】
打ち上げで距離のあるホール。ティーショットは良い感じでフェアウェイをキープし、セカンドショットはユーティリティでグリーン手前まで運び、アプローチは寄せきれずにボギー。
【中8番PAR4】
途中で大きな打ち下ろしがあるホール。ティーショットは、左にひっかけてしまったものの木に当たりフェアウェイへ。セカンドショットは、良い感じで打ったもののこれまたグリーンオーバー。アプローチは2段グリーンの下りで寄せきれずにボギー。
【中9番PAR4】
谷越えがあり、右ドックレッグの難易度の高いホール。ティーショットは、またも右に出てOBゾーンへ…前進4打からフェアウェイ左サイドに運び、70ヤードの寄せをピン奥2mにつけて、これを沈めてボギー。

最終ホールまでほぼボギーの展開で、2OBが結果的には大きく響いた結果に。43-47で終戦でした。コンペに関しては、まったくハンディも乗らずに、平凡な結果となり、残念ながらなにももらえずに終戦でした。

途中からアイアンの距離がオーバー気味になってしまったのが一番の要因ですが、これは、練習で腰から打つイメージに変えたことで距離が出ているともいえる結果でした。次のラウンドでは、この辺を意識して、1番手短いクラブでのショットも考えていきたいと思います。

南総ヒルズカントリークラブ基本情報

住所

〒299-1731 千葉県富津市田倉865-1

南総ヒルズカントリークラブ

 

電話

0439-68-1351

ホームページ

http://www.pacificgolf.co.jp/nansohills/

開場日

1977年5月14日

設計者

赤屋 弥次

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン

コース名

東コース、中コース、西コース 各9ホール

距離

9,746ヤード

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2021 All Rights Reserved.