ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて月例競技に参加してきた!-入賞が見えたけど、失敗は許されない-

投稿日:2022年7月3日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

現在ハンディ11という事で、自身83でイーブンパーという事になります。

月例競技のゴルフは、以下の部分で通常のエンジョイゴルフとは、違ってきます。

・OBを打った場合は、打ち直しとなる。
・バックティからのプレートなる。
・OKパットなしなので、オールホールアウト。

特に飛距離が出ない私にとっては、バックティからのプレーは、ちょっと厳しいんです…

時折青空も出ますが、小雨も降ったりと蒸す暑さをとても感じる一日でした。

という事で結果です。

さくらコース

【1番PAR4】380ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、121ヤードの打ち上げから7番アイアンでグリーンオーバーしてしまい、そこからのアプローチをPWで4mと寄せきれずに2パットでボギースタート。
【2番PAR4】395ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープしたものの右に出てミスショットでセカンドショットは、200ヤードを残してしまい、木も若干スタイミーになる状況で、6番アイアンを選択し、残り40ヤード地点に置き、PSのアプローチは、少し強めのカラーへ。そこからPWで寄せて50㎝として寄せワンのボギーとして、なんとか耐える。
【3番PAR3】161ヤード
ティーショットは、26度のユーティリティでナイスオン!4mのバーディーパットを寄せてパー。
【4番PAR4】330ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、90ヤードの上りをPWで打ちグリーンオンしたものの下りの6mと難しいパットが残り、良い感じのパットも1.5mオーバーし、この返しは、カップをくるりとして3パットのボギー。距離のないホールでのボギーは、少し反省点。
【5番PAR5】590ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、330ヤードの残りから5Wでフェアウェイをキープし、残り170ヤード地点へ。UTでグリーンを狙ったショットはミスショットしてしまい、アプローチは、バンカー上のライの悪い所から、グリーンオンしたものの6mと残してしまい、そこから2パットのボギー。
【6番PAR4】365ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、残り150ヤードから7番アイアンが引っ掛かりカート道を通ってOBゾーンへ。打ち直しは、右に外し、アプローチは、2mにつけたものの、これを外してトリプルボギー。カート道で距離を測ったものの、そこから距離があり、クラブ選択を悩んだこともミスショットを出した原因の一つ。ここが結果的には大きなスコア崩しの原因になっちゃいました。
【7番PAR4】370ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、160ヤード残りから5番アイアンであまり良くない当りだったもののグリーンオンして、8mのバーディーパットは、あわやのパットで30㎝としてパー。二つ目のパーでなんとか気持ち的にも45切りはしたいという気持ちへ。
【8番PAR3】170ヤード
ティーショットは21度のユーティリティが大失敗で、ショートして残り90ヤードからPSでカラーへ。そこからPWで50cmに寄せてなんとかボギー。ここは、ティーショットの大きなミスが出たもののなんとかボギーでおさめる事ができて、ギリギリ踏みとどまってる感じ。
【9番PAR5】565ヤード
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、ユーティリティでフェアウェイをキープし、残り150ヤードから26度のユーティリティでグリーンオン。3.5mのバーディーパットは、惜しくも外れたもののタップインパーで終了。

前半は、4回パーオンができたものの6番ホールのセカンドOBが大きく響いた44でした。ショット自体は、大きなミスもあったものの、耐えたという感じです。

つづじコース

【1番PAR4】410ヤード
ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドショットは、残り136ヤードという表示だったものの同伴者全員で???の感じで、距離が不安の中5番アイアンで打ち左にひっかけてグリーン手前へ。アプローチは、1.5mにつけて、これを沈めて寄せワンのパー。
【2番PAR4】375ヤード
ティーショットは、右に押し出してラフへ。セカンドショットは、ユーティリティで200ヤードから40ヤードまで運び、52度のアプローチは、2mとして、これを沈めてパー。難関2ホールを寄せワンの連続パーで良いスタートを切れました。
【3番PAR4】430ヤード
ティーショットはティーショットに自信がなく6番を選択して左のラフへ。セカンドショットは、木がスタイミーで傾斜から右にでて、またもラフへ。傾斜もあり、難しいショットは、6番アイアンで40ヤード付近までもっていき、そこからPSのアプローチは、ショートしてしまい、そこからPWで70cmにつけてなんとかボギー。難関スタート3ホールを1オーバーで回れたのは、とても良いスタート。
【4番PAR4】340ヤード
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドショットは、残り120ヤードを9番アイアンでグリーンオーバー。そこから56度で狙いすぎてカラーへ。パターで1mに寄せて、これをなんとか沈めてボギー。
【5番PAR5】610ヤード
ティーショットは、今日一番の当りでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、ユーティリティでやや右目のラフへ。残り150ヤードは、6番アイアンで良い感じだったものの木にかすってショート。そこからのアプローチを1.5mにつけたものの沈められずにボギー。
【6番PAR3】150ヤード
ティーショットは、7番アイアンで当りが悪くショートしてしまい、ややがけ下からのアプローチは、左足上がりという事でPSをつかって良い感じは、グリーンにタッチしてからフックしていきカップイン!ナイスバーディー!!!
【7番PAR5】505ヤード
ティーショットは、やや左のラフへ。セカンドショットは、ユーティリティで残り100ヤード地点まで運び、PWでグリーンオン。4mのバーディートライは、外れたもののパー
【8番PAR3】150ヤード
ティーショットは、7番アイアンが右に出てバンカーへ。少し枯れ葉なども混じったライからのバンカーショットは、20㎝につけるスーパーショットでパー。
【9番PAR4】420ヤード
ティーショットは、やや右に出てラフへ。セカンドショットは、ユーティリティで220ヤードから60ヤードまで運び、PSで4mまで乗せたものの、そこから2パットでボギー。

後半は、つつじコースを39でまわれたことで、44-39の83で終了。アプローチがとても良かったことがスコアにつながったものの、前半のOB1発、1.5前後のパッティングを3回外したのが今回の反省点ではありますが、なんとか月例でも入賞を狙えるスコアになってきたと思います。

【使用クラブ】
・ドライバー  14回
・5番ウッド 1回
・21度UT 7回
・26度UT 2回
・5番アイアン 2回
・6番アイアン 4回
・7番アイアン 4回
・8番アイアン 0回
・9番アイアン 1回
・PW 8回
・PS(52度) 7回
・56度 3回
・SW 1回
・PT 29回

バックティからのプレーという事で、ドライバーが14回、パターが29回使用というのは、納得です。5番ウッドはライが悪い場合は、使用しないでユーティリティを使う事が多いので、21度のユーティリティの使用が多かったです。アイアンは、8番アイアンが使用せずとなり、6番や7番の回数が多かったです。

アプローチに関しては、転がしはPWを使うこともあって、回数も多くなり、52度を中心として使用し、SWはバンカーに入った時のみ使用なので、勝浦ゴルフ倶楽部は、バンカー少ないので登場機会が少なかったですね。

今回からラウンド中にきちんとメモをとってプレーしましたが、ドライバーの平均飛距離は、看板のヤーデージ-残り距離で算出すると、236ヤードとなりました。

ただ、これは実数ではないでしょうね。おそらく実数でやると200ヤードくらいだと思います。

この辺については、今後色々と計測していきたいと思います。

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コウライ)

コース名

さくら、つつじ、さつき 各9ホール

距離

10,480ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2022 All Rights Reserved.