ラウンド記録

総丘カントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた!パットが冴えて、久しぶりのハーフ30台!

投稿日:2019年4月22日 更新日:

本日、総丘カントリー倶楽部【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドをしてきました。今年4回目となりますので、月に1度は、行っている計算になります。

個人的な感想ですが、ゴルフが上手になるには、ある程度同じコースでのプレーをすることも大事かなと思います。それで課題が見つかることも多いですし、毎回違うコースばかりだとコースのせいにしたりっていう言い訳が沢山できてしまいますからね!笑

練習グリーンは、とても広々としているのですが、午前9時頃のスタートは、クラブバスの運行で来るお客さんがちょうどスタートする時間という事もあり、結構渋滞します。

この日は、朝からとても良い天気で汗ばむような陽気で、風も穏やかで絶好のゴルフ日和です。

さて、それではさっそく結果です。

【1番ホール】距離のないストレートでやや打ち下ろしのロングホール
・ティーショットは、フェアウェイセンターへ。セカンドは、7番アイアンでレイアップは、右のラフ。105ヤードの残りをグリーン6mにオンして、2パットのパー。

【2番ホール】やや打ち上げのショートホール
・ティーショットは、8番アイアンで、グリーン奥目の8mにオン。そこからきっちりと2パットのパー。連続パーと良いスタート。

【3番ホール】打ち上げのミドルホール
・ティーショットは、悩みながらもユーティリティーを選択。左にひっかけてOB。前進4打からは、グリーン右手前へ。そこからOKに寄せてダボ。

【4番ホール】やや打ち下ろしのミドルホール
・ドライバーのティーショットは、右目に出たもののナイスショット!右ラフのボールは、ボールがすっぽり入るほどのディポット…残り60ヤードだったものの、そこからグリーンオーバーして寄せきれずにボギー。

【5番ホール】ストレートなミドルホール
・ティーショットは、フェアウェイのセンターへ。セカンドは、85ヤードで、グリーン奥目5mにオン。2パットで沈めてパー。

【6番ホール】打ち上げのロングホール
・ティーショットは、やや右目のラフへ。セカンドは、5Wで左にひっかけてしまい、木がスタイミーな場所へ。3打目は、うまく低めの球で、グリーン手前まで運んだものの、そこからのアプローチをピン奥8mへ。そこから痛恨の3パットでダボ。

【7番ホール】打ち下ろしのショートホール
・ティーショットは、9番アイアンで、グリーン手前でワンバウンドしてナイスオン。4mのバーディーパットは、惜しくも入らずOKパー。

【8番ホール】打ち下ろしのミドルホール
・ティーショットは、やや左目のラフへ。残り110ヤードから大きなミスで、手前のバンカーへ。そこからグリーンエッジまで出して2パットのボギー。ショートアイアンの精度が全然合わず…

【9番ホール】ストレートなミドルホール
・ティーショットは、ややテンプラ気味で、フェアウェイへ。セカンドは、8番アイアンでまずまずの当りだったものの、グリーン手前へ。そこからアプローチは、グリーンのスプリンクラーに当たり不運にもピン奥6mへ。そこから2パットでボギー。

前半は、アンラッキーもあったもののかみ合わずに43のスコア。18パットは、総丘のグリーンを考えるとちょっと良くない感じ。ショートアイアンの精度も良くないので、少し不安の残り内容。

続いて後半です。

【10番ホール】豪快な打ち下ろしのロングホール
・ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイセンターへ。セカンドは、5Wでナイスショットで、残り60ヤード地点へ。そこからのアプローチは、少しダフリ気味でグリーン手前へショート。そこからアプローチを1.5mにつけて、これを沈めてパー。

【11番ホール】打ち下ろしのショートホール
・ティーショットは、8番アイアンで、少し当りが悪くショート。アプローチは、これまた2mにつけて、これもしっかりと沈めてパー。連続で嫌な距離のパットを沈める。

【12番ホール】豪快な打ち下ろしのミドルホール
・ティーショットは、大きく左に引っかけて傾斜のあるラフへ。セカンドは、7番アイアンでどトップして、木のあるところへ。残り60ヤードからアプローチは、グリーン3mへオン。これまた沈めてパーセーブ。ここまで後半1パットでパー。

【13番ホール】崖越えのショートホール
・ティーショットは、ユーティリティーでグリーンやや左へ外したものの、アプローチは、またも2.5mの距離へ。なんと?ここもきっちりと沈めてパーセーブ。4連続パーは、全て寄せワン。

【14番ホール】やや右に曲がるロングホール
・後半は、良い感じのラウンドとなり、気分的には、良い感じのティーショットは、ややスライス回転で…フェアウェイの傾斜にあたり、そのままOBゾーンへ…なんとか戻ってきてOBは、免れたもののセカンドは、出すだけ。3打目は、ナイスショットで、フェアウェイへ。4打目は、90ヤードほどをグリーンオン。4mからのパットは、入らずボギー。

【15番ホール】一番苦手の距離のある左ドッグのミドルホール
・いつ来ても苦手意識があるホール。やや右目に出て、右のラフへ。220ヤード残っていた2打目は、5Wでサブグリーン方向へ。3打目をグリーン奥目に乗せて、そこから2パットでボギー。

【16番ホール】とても広いフェアウェイのミドルホール
・ティーショットは、右目に出て、右ラフへ。セカンドは、まずまずかと思ったけど、ショート。砲台グリーンへのアプローチは、強めに入り、7mの下りへ。そこから痛恨の3パットでダボ。

【17番ホール】崖越えから超砲台グリーンのミドルホール
・ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイへ。セカンドは、残り60ヤードの砲台。ピン3mにナイスオン。これを強気で沈めて、バーディ!ハーフ3オーバーに戻す。

【18番ホール】豪快な打ち下ろしからの打ち上げのミドルホール
・ティーショットは、ややテンプラ気味のフェアウェイへ。セカンドは、グリーン4mにナイスオン。連続バーディを狙ったパットは、惜しくも左に切れてOKパー。

後半は、パーオン2ホールだったにも関わらず、3オーバーで終了。なんとかアプローチとパターで凌いだものの、砲台気味のグリーンの時のアプローチとショートアイアンの精度には、課題を残したラウンドでした。この辺がこれからの練習の必要性を感じる部分です。

また、ドライバーの飛距離を求めたことから、フェアウェイキープ率が低かったのは、やはり力んでしまう事が原因かと。スタートが良い形で出ただけに、ラウンドダボ3つは、反省点ですね。

INコースの13番ホール。崖越えのショートホール。足元注意です!

総丘カントリー倶楽部基本情報

住所

〒299-115 千葉県富津市田原1021

総丘カントリー倶楽部

 

電話

0439-68-1351

ホームページ

http://www.pacificgolf.co.jp/sohkyu/

開場日

1973年5月10日

設計者

御木 道正

ホール数

18ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コーライ)

コース名

OUT、IN 各9ホール

距離

6,541ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.