ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて、月例競技に参加してきた!-途中から完全にプッツンラウンド-

投稿日:2020年5月3日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

私は、ハンディ13なんで、ギリギリのAクラスという事で、競技はバックティでのプレーとなります。

つつじコースからのプレーとなります。春で気候も良く、花も綺麗です。

練習場で、少し打ってみて、少しインから入れるというイメージで打ったところつかまりが良い球が出ていたので、今回は調子が悪くてもそれを意識して行こうと決めてスタートしました。

 

【1番 PAR4】
ティーショットは、インを意識してやや左方向に出たものの素晴らしい当りのフェアウェイをキープ。セカンドは、グリーンオンかと思ったあたりは、奥に外してしまい、そこからアプローチを1mに寄せてパー。
【2番 PAR4】
ティーショットが非常にプレッシャーのかかるホール。5Wでインから入れた打球は、左にフックしてのOB。更に打ち直しも同じようにOB。更に打ち直しは、ドライバーに切り替えてラフまで到達。6打目は、グリーン手前に置き、7打目もオンすることができず、結局8オン2パットの10。
【3番 PAR4】
ティーショットは、思いっきり打ち下ろしで左右がOBのホールで、プレッシャーに負けて左に大きくひっかけてOB…打ち直しは、3Wで同じく左にひっかけてOB。続く打ち直しも右に曲げてOBと3発のOBを打ち、ここで自身はギブアップ。月例としては、ノーリターンを選択し、これからのホールは、きちんとインから入れるゴルフにと切り替える。
【4番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、グリーン手前に外し、アプローチを寄せきれずにボギー。
【5番 PAR5】
600ヤードを超えるロングホール。ティーショットは、フェアウェイを捉え、セカンドは、5ウッドで、これもフェアウェイへ。3打目は、ユーティリティでグリーンを狙うものの、グリーン左サイドへ。アプローチを寄せてパーをセーブ。
【6番 PAR3】
ティーショットは、6番アイアンで、ややショートし、アプローチを寄せきれずにボギー。
【7番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、当りはイマイチながらもフェアウェイをキープ。3打目をグリーン左サイドに乗せてパー。
【8番 PAR3】
ティーショットは、大きく右にスライスの当りで崖下へ。アプローチは、乗せることができずに、3オン2パットのダブルボギー。
【9番 PAR4】
ティーショットは、大きく右に曲げて本日6発目のOBを記録。打ち直しは、フェアウェイをキープし、4打目は、200ヤード以上を3Wでカラーまで運び、2パットでダブルボギー。

随所で良いショットが出ている部分があったものの、OBがハーフ6発では、全くスコアにはならない。今日はインからという部分を意識しているので、良いショットは以前よりも飛んでいる印象。

【10番 PAR4】
打ち下ろしの距離のないパー4のティーショットは、5Wでやや右目のフェアウェイへ。セカンドは、ややショートし、アプローチは、グリーン奥目へ。そこから痛恨の4パットでトリプルボギースタート。
【11番 PAR3】
ティーショットは、6番アイアンで、ややショート。アプローチを寄せることができずにボギー。
【12番 PAR4】
ティーイングエリアからは、打ち上げになっていてスタイミーなティーショットは、まずまずの当りで右のラフへ。セカンドは、距離がなかったものの乗せることができずにボギー。
【13番 PAR4】
距離を感じるホールのティーショットは、右目のラフへ。セカンドは、ナイスショットでグリーンオン!2パットでパー。
【14番 PAR5】

グリーンに近づけば近づくほどに狭くなるホール。ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、まずまずの当りでフェアウェイをキープ。3打目は、グリーン左に行ってしまい、アプローチを寄せきれずにボギー。
【15番 PAR3】
短い打ち下ろしのティーショットは、すごいアゲインストに煽られてのグリーン手前へ。アプローチを失敗しカラーとなり、そこから2パットでボギー。
【16番 PAR4】
中央に木があり、苦手なパー4のティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、グリーン左サイドに外して、アプローチは、奥からで寄せきれずにボギー。
【17番 PAR4】
セカンドが池越えになるホール。ティーショットは、右のラフへ。セカンドは、待ちチョロで、池へ。4打目をグリーンに乗せて1パットでボギー。
【18番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、3Wで右のOBへ。打ち直しの4打目は、チョロって少し前進。5打目は、グリーン近くまで持って行き、6オン2パットのトリプルボギー。

後半は、なんとか50は切ったものの、やはりショットの安定感がないラウンドになってしまいました。どうしてもインから入れる意識でのラウンドだとひっかけるイメージがあり、それで逆に右にスライスするという事もあったので、そこは練習で調整していかないといけない部分。

 

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コウライ)

コース名

さくら、つつじ、さつき 各9ホール

距離

10,480ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.