ラウンド記録

南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた-ショット安定感が出てきた-

投稿日:2020年7月2日 更新日:

今日は、南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。

ここは、9ホール×3コースの計27ホールあるのですが、今回は、西→東でのラウンドでした。今年4月21日に同じコースを回って81のスコアでしたので、なんとか70台を達成したいところです。

【西1番PAR4】
距離のないPAR4なので、ティーショットは、5Wで打ち、フェアウェイをキープ。セカンドは、68ヤードをP/Sで打ちシャンク…傾斜からのアプローチとなり、8mにグリーンオンして、2パットでボギー。いきなりアプローチのシャンクは、ちょっと不安な立ち上がり。
【西2番PAR5】
やや右ドッグレッグをしているPAR5。この日は、風が強くこちらはアゲインスト。ティーショットのドライバーは、やや左方向に出たものフェアウェイをキープ。残り288ヤードからユーティリティで刻み、3打目は、残り125ヤード。8番アイアンで打った球は、風に大きく戻されてグリーン手前へ。またも左足下がりのアプローチとなり、これは7.5mと寄せきれずに2パットのボギー。ちょっと立ち上がり連続ボギーで70台は、ちょっと厳しいか?!
【西3番PAR4】
打ち上げになり、ティーイングエリアからは、ピンが見えないホール。ティーショットはドライバーで良い方向に出てフェアウェイをキープ。残り105ヤードのセカンドは、フォローの風が結構吹いている感じ。PWで打った球は、ワンバウンドでピンに当たり、30cmにつけるスーパーショット!これを難なく沈めてバーディー!これで気分が良くなるのがアマチュアゴルファー!
【西4番PAR3】
短い距離で打ち下ろしのPAR3は、9番アイアンでティーショットし、やや右のカラーへ。パターでのアプローチでOKに寄せてパー。結果的に4番ホール終了まで1オーバーと良い展開に。
【西5番PAR5】
やや打ち上げに見えるPAR5は、ドライバーでのティーショットは、フェアウェイを捉える。セカンドは、264ヤード地点からユーティリティでフェアウェイをキープ。3打目は、110ヤード残り、アゲインストを考慮して8番アイアンで打ち、ピン横5mに付けるバーディーチャンス。良いパッティングをしたものの入らずにパー。とはいえ調子が上がってきている!
【西6番PAR4】
一点フォロー風になるPAR4。ティーショットは、ドライバーで良いショットでフェアウェイをキープ。セカンドは、残り112ヤードを9番アイアンで打ち、ピン横4mのバーディーチャンスに付ける。これは、惜しくも入らなかったもののOKパットでパー。パーオンするとゴルフが楽になるなぁ。
【西7番PAR3】
フォローに感じる160ヤードのPAR3。少し距離が足りないかもと思いながらも6番アイアンをチョイスしたティーショットは、ほとんどONのカラーで止まり、ここからパターで30cmまで寄せてパー。
【西8番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットはやや左にひっかかり、ラフへ。打ち上げのセカンドは距離は100ヤードだったもののアゲインストの風と感じ、砲台グリーンでもあるので、8番アイアンをチョイス。しかし、これが逆の風だったようで、グリーンを大きくオーバーして斜面へ。またも左足下がりのライからのアプローチは、グリーンに乗らずに、カラーへ。そこからパターで寄せてボギー。セカンドショットの判断ミスが悔やまれる。
【西9番PAR4】
少し距離があるPAR4。ティーショットは、8番と同様に左にひっかけてしまい、ラフへ。セカンドは、残り137ヤードから砲台も考慮して6番アイアンで打ったショットは、風にも煽られてグリーン大きく左に外してしまい、アプローチは、上手く打てたものの寄せることができずにボギー。

前半は、アイアンショットがまずまずの感じでスコア的には、満足の39でした。もちろんもったいないミスはあったものの、9ホールを通しての感想としては、良い感じでラウンドできたのではないかと。

【東1番PAR5】
手前に崖、途中にも崖と、1発失敗すると大きくスコアを崩す可能性があるPAR5。ティーショットのドライバーは、狙い通りにフェアウェイ左サイドにある木の方向へ。セカンドは、220ヤードの残りだったものの、砲台グリーンでもあり、ユーティリティーで刻み、76ヤード地点のフェアウェイへ。3打目は、PWでライン出しに行った球は、やや左に外してしまい、アプローチは、4mにつける。これを入れることができずにボギー。なんとなくスタートホールが良くない…
【東2番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットは、ドライバーで残り110ヤード地点のフェアウェイへ。セカンドは、8番アイアンで打ち、風に大きく流されてグリーン左サイドへ。アプローチを4mに付けたものの入らずにボギー。
【東3番PAR5】
籠の中からティーショットを打つという珍しいPAR5。セカンド地点から先が見えないので、トラブルも多いホールで、ティーショットは、やや右目のラフへ。残り310ヤードと大きく残したセカンドは、ユーティリティーでナイスショットで坂を下ったこともあり、残り121ヤード地点へ。3打目は、9番アイアンでナイスショットだったもののカラーに止まり、ここから2パットでパー。
【東4番PAR4】
距離がないPAR4は、ティーショットが少し右に出て、ラフへ。セカンドは、残り105ヤードからPWで打ち、少しショート。ここからアプローチを50cmに寄せてパー。なんとか連続パーで70台が見えてきた。
【東5番PAR4】
やや左ドッグ目でティーショットの狙い処が難しいPAR4。ティーショットは良いショットだったもののフェアウェイを抜けて右のラフへ。セカンドは、残り140ヤードから6番アイアンで、手前のバンカーへ。バンカー者っとは良い感じで1.5mにつけたもののこれを入れられずにボギー。これはちょっと痛いパッティングだった…
【東6番PAR3】
ティーイングエリアから少し遠く感じるPAR3。8番アイアンで打った球は、ピン5m手前にナイスオン。このパッティングは、良い感じだったものの入らずにパー。
【東7番PAR4】
やや打ち下ろしを感じるPAR4.アゲインストの風があったもののティーショットは、今日イチの当りでフェアウェイをキープ。セカンドは、残り125ヤードとなり、8番アイアンでピン3m手前のバーディーチャンス!絶好のラインのパッティングは、読みがフックで、実際はストレートで惜しくも入らずのパー。それでも後半もここまで3オーバーとしてるので、なんとか70台は、2ホールをボギー、パーで行けば大丈夫という展開!
【東8番PAR4】
距離がなく、飛距離が出る人はワンオンもチャレンジできるPAR4。アゲインストという事もあり、5Wでセカンドの距離を残してもOKという作戦で打ったティーショットは、やや左目に出て、そこから風にも持っていかれ、なんとOBゾーンへ…失意の打ち直しは、フェアウェイをキープし、4打目のアプローチは、残り70ヤードをP/Sで1.5mにつけ、なんとかボギーチャンスを迎えたものの、これをショートしてダブルボギー…ここで最終ホールバーディが必須の展開…
【東9番PAR3】
150ヤードのPAR3のティーショットは、6番アイアンでややスライス軌道でグリーン左サイドのカラーへ。パターで狙ったバーディーパットは、惜しくも外れてパー。

結局後半は、OB1発が効いてしまい、41で終戦。トータル80でした。OBが痛かったこともありますが、アプローチとパッティングが良くなかったのが要因の一つで、ショットに関しては、ある程度の感触を得たラウンドでした。

次回は、メンバーコース勝浦ゴルフ倶楽部の月例競技なので、距離もありますが、なんとか良いスコアで回りたいです。

 

南総ヒルズカントリークラブ基本情報

住所

〒299-1731 千葉県富津市田倉865-1

南総ヒルズカントリークラブ

 

電話

0439-68-1351

ホームページ

http://www.pacificgolf.co.jp/nansohills/

開場日

1977年5月14日

設計者

赤屋 弥次

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン

コース名

東コース、中コース、西コース 各9ホール

距離

9,746ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.