ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて、月例競技に参加してきた!-もう少しが遠いのか!?という気分-

投稿日:2020年7月5日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

ゴルフ場のクラブハウス内には、七夕飾りが施されていました。

そろそろバックティからのプレーにも慣れて好スコアを出したいのですが、果たしてどうなったのか!?

今回のコースは、さくらコース→つづじコースです。

【1番PAR4】
ティーショットは、やや左サイドのフェアウェイをキープ。打ち上げになるセカンドショットは、良い感じでピン右サイドに飛んだもののフォローの風に乗ってグリーンオーバー。アプローチは、寄せきれなかったものの、4mの下りのパットが惜しくも入らず…と思ったら風でコロンと落ちてパーをセーブ。今日はツイてるかも!

【2番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、グリーン左サイドに外してしまったもののアプローチは、ピンに対して下りの1m。連続パーのはずが、なんとここで3パットをしてしまい、ダブルボギー。スタートホールで描いていた希望は、一瞬にして消えていく…

【3番PAR3】
意気消沈の3番ホールは、ティーショットはナイスショットでグリーンをオーバーしてしまったもののアプローチを寄せてパー。まだまだスコア的には、取り戻せる!

【4番PAR4】
短いホールのティーショットはやや右に曲げたもののラフで残り100ヤードの打ち上げ。ここでアイアンがナイスショット!と思ったら、なんと!大オーバーで左足下がりの難しいライ。ここからうまく転がした打球は、ピンに向かっていき、1mオーバー。これを沈めてパー。なんとかスコアは戻せてきてるので、期待充分。

【5番PAR5】
ここは、長いロングホール。ティーショットは、やや左サイドにひっかけてラフ。セカンドは無理をせずにユーティリティでフェアウェイをキープし、3打目は、まだまだ距離があったので、グリーン手前50ヤードに置き、ここからの寄せは、6mと寄せきれずにそこから2パットのボギー。

【6番PAR4】
ここで雨が結構強くなってきて、雨合羽を着用。ティーショットは、右に大きくスライスし、セカンドの距離が200ヤード近く残ってしまう。ユーティリティで打ったセカンドは、グリーンやや奥に行ってしまい、そこからアプローチはOKの距離50cmに寄せてパーセーブ。寄せワン4つでパーをセーブできているのは大きい。

【7番PAR4】
ここまで3オーバーとなんとか勝負できる状況まで戻したので、なんとかしたい3ホール。ティーショットはフェアウェイをキープ。セカンドは、ナイスショットだったもののグリーンやや手前になり、アプローチは、3mに寄せたものの入らずにボギー。

【8番PAR3】
ここでなんとかしたいティーショットはユーティリティで大きく左にひっかけてしまい痛恨のOB。大きく意気消沈…打ち直しは、グリーンやや手前までもっていき、そこからアプローチを1.5mに寄せてなんとかダブルボギーで耐える。

【9PAR5】
なんとか最終ホールは、パーで上がりたい!ティーショットはフェアウェイをキープ。セカンドは、5Wでこれもフェアウェイをキープ。3打目は、170ヤードで打ち上げとアゲインストがあり、ユーティリティでナイスショット!ピン方向に向かっていったもののグリーンに行くとピン奥6mという距離。バーディーパットは、カップ右に少しそれてタップインパーで終了。

前半は、2番ホールの3パットと8番ホールのOBの2つが大きく響いての42となり、ハンディ13の自分としては、0.5アンダーの出来でした。ショット自体は良かったので、いろいろともったいない部分。しかし、これがゴルフってことですね。

ということで後半戦です。

【10番PAR4】
ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドは、グリーン手前に運び、アプローチはやや強めに入り、ピン奥4mになり、そこから2パットでボギースタート。

【11番PAR4】
やや左ドッグのホールで、手前は崖のプレッシャーのかかるホール。ティーショットは、5Wでフェアウェイをキープ。セカンドは、左ワンペナのプレッシャーでグリーン右サイドに外し、アプローチは、3mにつけて、これを沈めてパー。このホールでのパーはとてもうれしい。

【12番PAR4】
ここは、左右がOBのプレッシャーがある距離のあるホールということで、ここは思い切ってユーティリティでティーショットを選択。最初から3オン狙い。やや左サイドの深いラフに行ってしまい、セカンドは出すだけのような状況から残り160ヤードを乗せて3mのパーパットは惜しくも入らなかったもののOKボギーで予定通りの展開。

【13番PAR4】
ここからは、少し難易度が低いホールが続くことで、チャンス!ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドは、残り110yヤードと絶好のチャンス。ここからのアイアンでのショットは、自分ではベストショット!って感じだったのが、なんと!?風の読みを間違えてか奥のバンカーへ入ってしまい、ここからバンカーショットはグリーンカラーへ。そこから寄せきれずにダブルボギー。

【14番PAR5】
距離が600ヤードを超えるロングホールは、シーショットはフェアウェイをキープし、セカンドは、フェアウェイをキープ。しかし、3打目は200ヤード超える距離から5Wでナイスショットを打ったもののグリーン手前の木の近くへ。そこは、木の近くということで、30cmくらいの雑草が生えているエリアで、ここから4打目は出せず、5打目でなんとか乗せることができたものの2パットでダブルボギー。正直、この2ホールは、ショットは、良かったもののスコアにならない展開で、少し気分が…

【15番PAR3】
6番アイアンでグリーンオンし、5mのバーディーチャンス。ここからバーディーパットは大きくショートし、続くパットも入れられずに3パットのボギー。これは結果的には、とても大きなミス。

【16番PAR5】
距離がないロングホールのティーショットは、やや右目に出てしまいラフへ。セカンドは、残り距離110ヤードくらいまで出すことができて、ここからのアイアンもナイスショットだったものの大きくグリーンをオーバーし、アプローチは、1mにつけてパーをセーブ。アイアンの距離が合わない…

【17番PAR3】
ティーショットは、7番アイアンで、4mにつけるバーディーチャンス。バーディーパットは外したもののらくらくパーセーブ。

【18番PAR4】
最終ホールがパーであれば、ハンディ通りのスコアになるものの、ティーショットは大きく右に曲げてしまう。OBは免れたもののセカンドは出すだけで、3打目は、200ヤード以上残る展開。ここから5Wで打った打球は、グリーンオン!5mのパーパットは、惜しくも入らずにボギーで終了。

なんだかんだで、寄せワンが多かったこともあり、トータル86で終わりました。後半も3パットがあったのですが、それほど距離がないパッティングからの3パットで少し残念。気になる月例の結果ですが、ハンディを引いて73で終了。スコア的には、3位タイだったのですが、ハンディが少ない方が上位というルールにより、入賞ならずでした。

なんとかバックティからのラウンドでも勝負になりそうという感じになってきましたが、来月は優勝を目指して頑張りたいです!

 

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コウライ)

コース名

さくら、つつじ、さつき 各9ホール

距離

10,480ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.