ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて月例競技に参加してきた!-飛距離への挑戦を始める時が来た-

投稿日:2020年11月1日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。バックティからのプレーでなかなか良いスコアを出すことができずに苦しい月例競技が続いていますが、今日はどうだったのか…

まずは、前回48をたたいたつつじコースからのスタートです。

【1番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし。セカンドショットは、200ヤード近く残り、グリーン手前へ。アプローチを2mに寄せたものの入らずにボギー。

【2番PAR4】
ティーショットは、5Wでやや当りが悪くヒヤッとしたものの、崖を超え、セカンドショットは、グリーン手前に置き、アプローチは、奥目の4mにつけてボギー。。

【3番PAR4】
ティーショットは、やや左サイドに出て、ラフへ。セカンドショットは、グリーン手前に置き、アプローチは、少し弱めで7mを残してしまい、2パットのボギー。

【4番PAR4】
苦手3ホールをオールボギーで切り抜けて迎えた4番ホール。距離がないホールでティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、上りを入れて120ヤードほどをグリーンカラーまで運び、ここからパターでバーディー!

【5番PAR5】
感じとしては良い形で迎えた600ヤードを超えるロングホールは、ティーショットは、今日イチショットでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、崖手前にレイアップ。3打目は、ユーティリティがナイスショットだったものの木に当たったのかショート。アプローチが寄せきれずにボギー。

【6番PAR3】
ティーショットは、7番アイアンをややひっかけてしまいカラーの少し先へ。アプローチはうまく打ったものの傾斜があり、4mへ。上りという事できちんと打ったものの50㎝をオーバーし、この返しのパットをなんと外してしまい3パットのダブルボギー。やってはいけないミスがここで出た。

【7番PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。当りが悪かったので距離が残りセカンドは、100ヤードを残すようにショット。フェアウェイからのショットは、グリーンを捉えて8mのバーディートライは、2パットでパー。

【8番PAR3】
ティーショットは、6番アイアンで打ち、グリーンショート。アプローチを1mにつけてパー。

【9番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、ユーティリティが右に出てショート。アプローチは、5mと寄せきれず、ここから3パットのダブルボギー。

せっかく難関の3ホールをスムーズに終え、バーディーも奪ったことで、良い形で行くと思ったところに3パット2回の落とし穴があって、43で終戦。とはいえ後半に期待が持てる内容。

【1番 PAR4】
打ち下ろしの距離のないパー4のティーショットは、ドライバーでのコントロールショットでフェアウェイをキープし、PWのセカンドを2mにつけてバーディー!
【2番 PAR3】
ティーショットは、ユーティリティでスライス目でグリーンを捉えたものの2段グリーンの下からのパットは、弱く段の途中へ。結局3パットのボギー。
【3番 PAR4】
ティーイングエリアからは、打ち上げになっていてスタイミーなティーショットは、天ぷらでラフへ。セカンドショットはうまく打ち、グリーン手前まで運び、アプローチは、3mにつけたものの入らずにボギー。
【4番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、残りが長く5Wでグリーン手前へ。アプローチを3mにつけたものの入らずにボギー。
【5番 PAR5】

ティーショットは、フェアウェイをキープし、フェアウェイをキープし、セカンドは良い感じでフェアウェイをキープ。3打目は、150ヤード残りから、ショート。アプローチは、4mにつけてボギー。
【6番 PAR3】
ティーショットは、8番アイアンで、ショート。アプローチは、寄せきれずにボギー。
【7番 PAR4】
ティーショットは、左にひっかけてしまいラフへ。セカンドショットは、木がスタイミーで、天ぷら。3打目は、グリーンカラーに行ったもののそこからパターを使い3パットのダブルボギー。
【8番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープしたものの、距離が残りセカンドショットは、チョロってワンペナへ。4打目は、グリーンを捉えたものの距離があり、2パットでなんとか入れてダブルボギー。
【9番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、5Wでミスショットでワンペナへ。4打目は、グリーン手前へ。5打目を乗せて、ここから3パットでトリプルボギー。

後半は、3パットとアプローチがイマイチだったことでスコアは大きく崩してしまい、47でした。

しかしながら、その原因はティーショットが飛んでいないことで、ここを改善しないと本当に良いゴルフはできないような気がしてきた月例競技でした。

 

-ラウンド記録
-,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.