ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて月例競技に参加してきた!-ショットが安定せずフラストレーション-

投稿日:2022年8月7日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

現在ハンディ11になっているので、83でイーブンパーというスコアになりますが、どうなったか…

朝は、少し雨が降りましたが、スタート時には、ほとんど雨も降らずにスタートできました。
午後は、ちょっと遠くで雷が鳴っていましたが、こちらは雨も降らず中断もなくラウンドすることができました。

という事で、本日の結果です。

つづじコース

【1番PAR4】410ヤード(Dr)→200ヤード(5W)→25ヤード(PS)→2.5m(2PT)
ティーショットは、少しひっかけ気味のショットで左目のフェアウェイへ。セカンドショットは、若干ライが難しい所から5Wでナイスショットで、200ヤードの上りからあわや乗るかのショットだったものの、足りずに砲台グリーンを転がり落ちての25ヤード残す。そこからのアプローチは、2.5mにつけてパーチャンスだったものの、入らずにボギースタート。
【2番PAR4】375ヤード(5W)→160ヤード(6i)→30ヤード(PS)→20cm(1PT)
ティーショットは、5Wを選択して良い感じだったものの飛びすぎのラフへ。セカンドショットは、160ヤードを6番アイアンで左がワンペナを意識してしまい右目のショート。30ヤードのアプローチは、20cmにつけるアプローチで寄せワンパー。
【3番PAR4】425ヤード(6i)→260ヤード(3UT)→93ヤード(PW)→5m(2PT)
つつじのスタート3ホールは、とても難しい中、このホールが最難関かものティーショットは、6番アイアンで刻みレディスティ周辺に落とし、セカンドショットは、260ヤード残りからユーティリティでフェアウェイへ。93ヤード残りの3打目は、PWで打ち、5mとグリーンオンさせて、そこから2パットのボギー。ここまで難関3ホールを2オーバーは、上出来。
【4番PAR4】330ヤード(Dr)→126ヤード(8i)→8ヤード(PW)→1m(1PT)
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、126ヤード残りから8番アイアンがやや右に出て、グリーンを捉える事ができず、そこからのアプローチを1mに寄せてパー。
【5番PAR5】610ヤード(Dr)→350ヤード(5W)→165ヤード(6i)→60ヤード(PS)→10ヤード(PW)→2m(2PT)
距離が610ヤードあり、3打目は池越えとなるホール。ティーショットは、フェアウェイへをキープし、セカンドショットは、5Wでフェアウェイをキープ。3打目は、165ヤードを6番アイアンが右に出てしまい、60ヤードを残してしまい、そこからのアプローチが強く入ってグリーン奥へ。そこからのアプローチは、2mとしたものの入らずにダブルボギー。
【6番PAR3】150ヤード(7i)→40ヤード(PS)→4m(2PT)
崖越えとなるショートホール。ティーショットは、7番アイアンで打ち、右目に出てショート。アプローチは、4mと寄せきれずに2パットのボギー。
【7番PAR5】500ヤード(Dr)→320ヤード(5W)→116ヤード(9i)→10ヤード(PS)→4m(2PT)
距離のないロングホール。ティーショットは、左ひっかけとなりラフへ。セカンドショットは、5Wでフェアウェイへナイスショットし、残り116ヤードのショットは、9番アイアンで打ち、右に外してしまい、そこからのアプローチも4mと寄せきれずにボギー。
【8番PAR3】150ヤード(7i)→6m(2PT)
打ち下ろしのショートホール。ティーショットは、7番アイアンで打ち、当りは悪かったもののグリーンオン。6mのバーディーパットは、2パットにまとめてパー。
【9番PAR4】420ヤード(Dr)→178ヤード(3UT)→118ヤード(9i)→10m(2PT)
やや距離があるものの打ち下ろしから平坦になるホール。ティーショットは、やや右目のラフへ。ライが悪い所からのショットは、ユーティリティでフェアウェイに出し、残り118ヤードを9番アイアンで10mと距離を残したもののグリーンオン。これを2パットにまとめてボギー。

前半は、ショットが全く安定せず、更にアプローチが失敗することもあり、43という平凡なスコア。自分のハンディを考えるとなんとか41くらいで回ってきたいところですが、達成することができず。

さつきコース

【1番 PAR4】330ヤード(5W)→110ヤード(PW)→15ヤード(PW)→4m(2PT)
打ち下ろしの距離のないパー4。ティーショットは、5Wで打ちフェアウェイをキープし、セカンドショットは、110ヤード残りからPWで右に外してしまい、そこからのアプローチも4mと寄せきれずにボギー。
【2番 PAR3】160ヤード(5UT)→15BK(SW)→5m(2PT)
途中で道路があるパー3。ティーショットは、26度のユーティリティで打ち、左のバンカーへ。バンカーショットは、5mにオンしてそこから2パットのボギー。
【3番 PAR4】285ヤード(Dr)→96ヤード(PS)→6m(2PT)
ティーイングエリアからは打ち上げとなっているホール。ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイへ。セカンドショットは、96ヤード残りから52度で打ち、6mへナイスオン。きちんと2パットでパー。
【4番 PAR4】415ヤード(Dr)→170ヤード(5UT)→25ヤード(PS)→2.5m(2PT)
距離があるが平坦なホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、残り170ヤードから26度のユーティリティでグリーンショート。アプローチは、2.5mにつけたものの入らずにボギー。
【5番 PAR5】535ヤード(Dr)→270ヤード(5W)→125ヤード(8i)→6m(2PT)

グリーンに近づけば近づくほどに狭くなるホール。ティーショットは、左に出たものの傾斜があってラッキーフェアウェイへ。セカンドショットは、残り270ヤードから5Wでフェアウェイへ。125ヤードの3打目は、8番アイアンで打ちグリーンオン。6mのバーディートライは外したもののパー。
【6番 PAR3】125ヤード(9i)→10ヤード(PW)→4m(2PT)
短い打ち下ろしのホール。ティーショットは9番アイアンで右目に出てショート。アプローチは、寄せきれずの4mとして、2パットのボギー。
【7番 PAR4】370ヤード(Dr)→150ヤード(5i)→10ヤード(PW)→1.5m(2PT)
中央に木があり、苦手なパー4。ティーショットは、やや左目に出てラフへ。セカンドショットは、150ヤード残りから5番アイアンでグリーン右に外し、そこからのアプローチは、1.5mにつけたものの入らずにボギー。
【8番 PAR4】400ヤード(Dr)→187ヤード(3UT)→15ヤード(PW)→2.5m(2PT)
セカンドが池越えになるホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、187ヤード残りからユーティリティでグリーン転がりでカラーへ。そこからのアプローチを2.5mとしたものの入らずにボギー。
【9番 PAR5】570ヤード(Dr)→294ヤード(3UT)→127ヤード(7i)→8m(3PT)
途中崖があり、左はOBのホール。ティーショットは、やや右目のラフへ。セカンドショットは、ユーティリティでフェアウェイをキープし、残り127ヤードの3打目は、7番アイアンで8mにグリーンオン。下りのパットは、大きくオーバーしてしまい、結果3パットでボギー。

後半は、アプローチが3m以内に寄った際のパットが入らずに苦戦。パーオンは、3ホールできたもののショートホールでパーオンできずに、ショットの不安定さを露呈した形。特に後半になり、腰を切るイメージでのショットを意識するようになったら、なんとかティーショットも良くなってきたので、この辺が課題。

【使用クラブ】
・ドライバー  11回
・5番ウッド 6回
・21度UT 4回
・26度UT 2回
・5番アイアン 1回
・6番アイアン 3回
・7番アイアン 3回
・8番アイアン 2回
・9番アイアン 3回
・PW 8回
・PS(52度) 7回
・56度 0回
・SW 1回
・PT 35回

今日は、意識的に5Wを多投してショットも良い感じでした。しかし、アイアンが調子が悪かったです。

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

 

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2022 All Rights Reserved.