ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部で月例に参加してきた!-OB2発でスコアは作れない-

投稿日:2022年12月4日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

3コース×9ホールあるので、毎月ローテーションでまわってるのですが、今月は、さつき→さくらでのプレーです。個人的には一番回りやすいコースまわりなので、期待感を持ってスタートしてきましたが…

結構ディポットに捕まることも多く、下が若干ぬかるんでることもあって、ライによってなかなか難しいラウンドになってしまいました。

ということで結果です。

さつきコース

【1番 PAR4】330ヤード(Dr)→130ヤード(7i)→15ヤード(PW)→1.5m
打ち下ろしの距離のないパー4のティーショットは、ドライバーでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、7番アイアンでカラーにつき、そこからのアプローチを1.5mにつけて、これを沈めてパー。
【2番 PAR3】170ヤード(21UT)→20ヤード(52)→カラー(PW)→2m
見た目よりも距離があるのかな?と思うショートホール。ティーショットは、21度のユーティリティは、右に出てショート。アプローチは、良い感じだったものの、グリーンが硬いのかオーバー。そこからのアプローチは、2mとして、これを沈めてボギー。
【3番 PAR4】290ヤード(Dr)→112ヤード(9i)→20ヤード(PW)→2m
ティーイングエリアからは、打ち上げになっていてスタイミーなティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドショットは、112ヤードから9番アイアンでショートし、アプローチは、2mとして、2パットのボギー。
【4番 PAR4】415ヤード(Dr)→195ヤード(5W)→30ヤード(56)→2.5m
距離を感じるホールのティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、195ヤード残り、5番ウッドが左に出てグリーン横30ヤードから、56度のアプローチで2.5mにつけるも2パットのボギー。
【5番 PAR5】535ヤード(Dr)→290ヤード(5W)→200ヤード(21UT)→OB→200ヤード(21UT)→80ヤード(52)→25ヤード(56)→2.5m

グリーンに近づけば近づくほどに狭くなるホール。ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドショットは、ライがディポッド近くにあり、クラブが入るところが盛り上がってるライから無理をして5番ウッドで打ち、チョロ。そこから21度のユーティリティで打つも左にOB。打ち直しは、残り80ヤード地点として、そこからも乗ることができずに、8オン1パットの9の大たたき。
【6番 PAR3】130ヤード(8i)→6m
短い打ち下ろしのティーショットは、8番アイアンでよい感じでグリーンオン。6mのバーディーチャンスは、2パットでパー。
【7番 PAR4】370ヤード(Dr)→170ヤード(21UT)→15ヤード(52)→3m
中央に木があり、苦手なパー4のティーショットは、ドライバーは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、距離があるところから21度のユーティリティでグリーン左へ外し、そこからのアプローチは、3mとして、これを沈めてパー。
【8番 PAR4】400ヤード(Dr)→180ヤード(21UT)→12m
セカンドが池越えになるホール。ティーショットは、ドライバーが右に出て、ラフへ。180ヤード残りから、21度のユーティリティでグリーンオン。12mの長いパットは、しっかりと2パットでまとめてパー。
【9番 PAR5】570ヤード(Dr)→270ヤード(5W)OB→270ヤード(5W)→120ヤード(7i)→40ヤード(52)→10ヤード(52)→80cm
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドが左に引っ掛かりOBへ。打ち直しは、残り120ヤード地点まで運び、そこからのショットは、ダフってショート。そこから良い感じのアプローチは、跳ねてオーバーしてしまい、そこから80㎝につけて7オン1パットの8とハーフ2度目の大たたき。

5番と9番のロングホールでのOBが大きく響いての46というスコアで終了。3連続パーなど見せ場はあったものの、やはり大たたきをしたら、スコアは、確実に落ちることを痛感。ロングホールのセカンドショットの精度をしっかりとつけないといけない。

さくらコース

【1番PAR4】360ヤード(Dr)→125ヤード(7i)→35ヤード(52)→10ヤード(52)→2m
ティーショットから打ち下ろし、セカンドは、グリーンに向かって打ち上げとなるホールのティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、7番アイアンでショートし、アプローチは、良い感じだったもののオーバー。そこから2mにつけて、これを沈めてボギー。
【2番PAR4】395ヤード(Dr)→210ヤード(21UT)→60ヤード(52)→7.5m
左がOBとなり、セカンド地点が見えないホール。ティーショットは、左の天ぷらとなり、残り210ヤードのラフとなり、そこからの21度のユーティリティで60ヤード地点におき、そこからアプローチは、7.5mにオンし、そこからなんと…4パットしてしまい、7の大たたき。
【3番PAR3】170ヤード(21UT)→30ヤード(PW)→4.5m
左は隣のホールになってしまうショートホール。ティーショットは、21度のユーティリティで左に引っ掛けてがけ下へ…そこからピッチングウェッジで4.5mにオンし、そこから2パットでボギー。
【4番PAR4】330ヤード(Dr)→125ヤード(8i)→6m
距離がないものの右は、OBがあるので、スライサーは要注意のホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、8番アイアンで6mにつけ、下りのラインは、OKにつけるパットでパー。
【5番PAR5】590ヤード(Dr)→330ヤード(5W)→180ヤード(21UT)→30ヤード(52)→1.5m
距離が590ヤードと長いロングホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5Wでナイスショットでフェアウェイへ。3打目は、21度のユーティリティで、残り30ヤードまで運び、そこから1.5mに寄せて、これを沈めてパー。
【6番PAR4】365ヤード(Dr)→157ヤード(26UT)→80ヤード(52)→3m
中央に木があり、セカンド地点が見えないミドルホール。ティーショットは、ちょっとダスティンジョンソンの話をしていて、頭に残っていて、左に出てしまい、そこからのセカンドショットは、木がスタイミーとなり、26度のユーティリティでチョロってしまい、残り80ヤードから3mとして、2パットでボギー。
【7番PAR4】370ヤード(Dr)→175ヤード(21UT)→45ヤード(52)→7.5m
右の三本の木が印象的なミドルホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、21度のユーティリティでショート。そこからアプローチも寄せきれずに7.5m残して、そこから2パットのボギー。
【8番PAR3】173ヤード(21UT)→20ヤード(56)→3m
距離があり、右に外すと打ち上げのアプローチが残ってしまうショートホール。ティーショットは21度のユーティリティで右に外して、アプローチは、砲台気味から56度でよい感じだったものの、3mとして、2パットのボギー。
【9番PAR5】565ヤード(Dr)→350ヤード(5W)→180ヤード(21UT)→20ヤード(52)→3m
ティーショットが左がOBとなり、途中で崖もあるので、難易度が高いホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドでフェアウェイをキープ。3打目は、21度のユーティリティで右に外して、そこから3mとして、2パットのボギー。

後半は、11番で4パットがあったものの、それ以外は安定したラウンドだったもののパーオンがなかなかできずに厳しいラウンドでした。後半45で結果91として、惨敗の結果。

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コウライ)

コース名

さくら、つつじ、さつき 各9ホール

 

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© おじさんゴルフ研究所 , 2023 All Rights Reserved.