ラウンド記録

南総ヒルズカントリークラブ(千葉県富津市)にてラウンドしてきた!-アイアンが良くなってきた-

投稿日:

今日は、南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。

中コース→西コースでのラウンドです。

今日のグリーンは、8.5ftという事で、遅めのグリーンでした。南総ヒルズカントリークラブは、距離もないので、しっかりとスコアを出したいと思ってラウンドに臨みました。

当然ながら相棒は、HONMA NX PROTOタイプです。
先日のTEAM HONMAのコンペに参加してきてテンション爆上がりしてるのですが、本日のテーマは、インに引くイメージと始動は腰から左足の内くるぶしという事をトライしていこうと思ってのスタートです。

難関の中コースの9番ホールのロングホール。フェアウェイから右にドッグレッグしていて、距離も残る難しいホールです。

という事で、本日の結果を発表します。

【中1番PAR4】320ヤード(Dr)→115ヤード(9i)→3m
距離がなく打ち下ろしのホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、115ヤードを9番アイアンで3mにパーオンしてスライスラインのやや下りを決めてバーディースタート!!!
【中2番PAR3】140ヤード(6i)→8m
6番アイアンでのティーショットは、グリーンオンしたものの8mと距離の長いパットを残してしまい、そこから2mと寄せきれずに3パットとしてしまいボギー。
【中3番PAR5】460ヤード(Dr)→260ヤード(21UT)→114ヤード(9i)→20ヤード(56)→4m
打ち上げが続くロングホールは、ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドショットもきちんとフェアウェイへ。3打目は、残り114ヤード地点だったもののディポッドに入っていて、きちんとヒットできずにトップしてグリーンオーバー。そこからのアプローチは、4mと寄せきれずにボギー。
【中4番PAR4】342ヤード(Dr)→140ヤード(7i)→15ヤード(52)→3m
やや打ち下ろしでティーショットの落としどころが狭いホール。ティーショットはフェアウェイをキープし、セカンドショットは、140ヤードから7番アイアンを左に引っ掛けてしまいグリーンを外し、そこからのアプローチを3mに寄せたものの入らずにボギー。
【中5番PAR3】135ヤード(8i)→10m
横に長いグリーンのショートホール。ティーショットは、8番アイアンでやや短めのカラーへ。10mのパターによる寄せは、80cmとして入れてパー。
【中6番PAR4】389ヤード(Dr)→119ヤード(9i)→1.5m
ゆるやかな打ち下ろしで少々距離のあるホール。ティーショットは、今日イチの当たりで、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、なんと!?119ヤード残りから9番アイアンで1.5mの上りにつけるバーディーチャンス!しかし、これを決めきれずにパー。
【中7番PAR4】396ヤード(Dr)→200ヤード(5W)→20ヤード(56)→3m
打ち上げで距離のあるホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、上りの200ヤード残りから5番ウッドでやや右目に外し、そこから56度で3mにつけたものの入らずにボギー。
【中8番PAR4】388ヤード(Dr)→120ヤード(9i)→5m
途中で大きな打ち下ろしがあるホール。ティーショットは、やや右に出たものの斜面を降りて良い所へ行き、セカンドショットは、120ヤード残りから9番アイアンで5mにオンし、そこから惜しくもバーディーパットは外れたもののパー。
【中9番PAR4】553ヤード(Dr)→356ヤード(5W)→180ヤード(21UT→15ヤード(56)→60cm
谷越えがあり、右ドックレッグの難易度の高いホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5番ウッドでフェアウェイをキープし、3打目は、180ヤード残りから惜しくも右に出てしまいグリーンを外したものの、そこからのアプローチを60㎝に寄せてパー。

前半は、おはようバーディーからしぶとい部分もあり、ハーフ40切りを達成できて良い感じのラウンドでした。
ポイントに挙げていたインに引くことは、全ショットで意識することができて、良い感じでした。

【西1番PAR4】305ヤード(Dr)→103ヤード(PW)→8m
距離のないPAR4は、ドライバーでやや右のラフにかかり、そこからのセカンドショットは、8mと距離を残したものの、パーオンに成功。このパットが吸い込まれてバーディー!!!
【西2番PAR5】516ヤード(Dr)→270ヤード(21UT)→93ヤード(PW)→5m
やや右ドッグレッグをしているPAR5。ティーショットは、今日の中でも二番目の当たりで、フェアウェイへ。そこから21度のユーティリティで繋ぎ、3打目は93ヤードをピッチングウェッジで5mのバーディーチャンスにつけて、ここから2パットでパー。
【西3番PAR4】275ヤード(Dr)→85ヤード(52)→10ヤード(56)→10cm
打ち上げになり、ティーイングエリアからは、ピンが見えないホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、85ヤードから良い感じで打ったもののショート。そこからのアプローチはあわやチップインで10㎝で楽々パー。
【西4番PAR3】124ヤード(8i)→6m
短い距離で打ち下ろしのPAR3は、アゲインストを考慮して8番アイアンで打ち、6mの上りのバーディーチャンスにつけて、これは惜しくも入らなかったものの楽々パー。
【西5番PAR5】483ヤード(Dr)→327ヤード(21UT)→170ヤード(21UT)→15ヤード(56)→10ヤード(52)→2m
やや打ち上げに見えるPAR5は、ティーショットは、イマイチあたりが悪いもののフェアウェイへ。セカンドショットは、左に逃げてしまい、3打目も170ヤード残ってしまったので、もう一度21度のユーティリティで打った打球はグリーンっ左へ。そこからのアプローチは、ピンも近かったので、狙いすぎてチャックリしてしまい、そこからも寄せきれずのダブルボギー。
【西6番PAR4】326ヤード(Dr)→165ヤード(26UT)→35ヤード(56)→7m
右サイドがOBで左サイドもプレッシャーのかかるホール。ティーショットは、大きく右に出て写メのラフへ。木がスタイミーになるかと思ったところ、抜けるところがあり、26度のユーティリティで打った打球は、カート道を使ってグリーン奥へ。35ヤードのアプローチは、寄せきれずに7mとしたもののこれを2パットで収めてボギー。
【西7番PAR3】171ヤード(26UT)→15ヤード(PW)→1m
160ヤードのPAR3。26度のユーティリティで打ち、ややショート。そこからのアプローチを1mとしたものの入らずにボギー。
【西8番PAR4】280ヤード(Dr)→91ヤード(PW)→3.5m
距離がないPAR4。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、91ヤードからピッチングウェッジで打ち、3.5mのバーディーチャンスへ。しかし、打ち切れずに入らずパー。
【西9番PAR4】373ヤード(Dr)→170ヤード(21UT)→15ヤード(56)→3m
少し距離があるPAR4。フェアウェイをキープし、セカンドショットは、21度のユーティリティで右目にショートして、そこからのアプローチは、3mとしたものの、この下りのパットから3パットしてしまい、ダボ。

後半は、途中からショットが乱れてしまい結果41で終戦。トータルも39-41と80としてしまい、70台を達成することができず…

南総ヒルズカントリークラブ基本情報

住所

〒299-1731 千葉県富津市田倉865-1

南総ヒルズカントリークラブ
電話

0439-68-1351

ホームページ
http://www.pacificgolf.co.jp/nansohills/
開場日

1977年5月14日

設計者

赤屋 弥次

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン

コース名

東コース、中コース、西コース 各9ホール

距離

9,746ヤード

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© おじさんゴルフ研究所 , 2023 All Rights Reserved.