ラウンド記録

総丘カントリー倶楽部【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきた!-バーディーとOBが2つずつ-

投稿日:2022年12月26日 更新日:

今日は、総丘カントリー倶楽部【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきました。準ホームコースと言えるコースですが、砲台のホールも多く、2グリーンということでグリーンも小さいので距離はないものの苦労するコースです。

今日も本間のBERES NX プロトタイプドライバーで挑戦です。

今日は、晴天で富士山もくっきりと見えて、微風でしたので暖かいくらいの天候でのプレーとなりました。

雲もほとんどない本当に冬の暖かい晴天という事でスコアへの期待も高まりますが、前日に内藤雄士プロのテレビ番組を見てしまい、ドライバーを飛ばす際に胸を後ろに向けるくらいでという言葉がこびりついて離れません…

という事で結果です。

【1番 PAR5】486ヤード(Dr)→280ヤード(6i)→170ヤード(26UT)→20ヤード(56)→3m
ティーショットは、胸を右にの意識で打つと左方向へ。なんとかフェアウェイではあるものの当たりが悪く200ヤード程度の飛距離。セカンドショットは、6番アイアンで刻んだもののこれも意識を同じようにしたらトップしてミスショット。3打目は、170ヤードも残し、26度のユーティリティで良い感じだったものの左に外してしまい、そこからのアプローチは、ピンから近いサイドで56度でのチャレンジしたものの寄せきれずにボギースタート。
【2番 PAR3】133ヤード(7i)→20ヤード(56)→1.5m
やや打ち上げがあり、クラブチョイスは、7番アイアン。ティーショットは、やや右に当たりが悪い打球でグリーン手前横へ。そこから再び56度でアプローチし、1.5mにつけたものの入らずに連続ボギー。
【3番 PAR4】313ヤード(21UT)→210ヤード(6i)→90ヤード(52)→15ヤード(PW)→60cm
左のOBと右のワンペナが気になるホール。ティーショットは、21度のユーティリティで打ち、トップで距離が出ず。セカンドショットは、6番アイアンで刻み、3打目は、52度でグリーン右に外してしまい、アプローチは、足が使えるので、ピッチングウェッジで転がしで、60㎝につけて寄せワンで3連続ボギー。
【4番 PAR4】308ヤード(Dr)→52ヤード(52)→1m
距離はなく右の木に入れなければセカンドは、充分に狙えるホール。ティーショットは、胸は右に向かせて、切り返しから下半身のイメージで打つと良い当たりで240ヤードの当たり。セカンドショットは、50ヤードのバンカー越えからしっかりと決めて打つことができて、1mにつけ、これをしっかりと沈めてバーディ!!!
【5番 PAR4】331(Dr)OB→103ヤード(PW)→6.5m
前のホールでバーディーを取って気分よく迎えたティーショットは、左にひっかけてOBゾーンへ…打ちなおししたショットは、ナイスショットで残り103ヤード地点へ。ピッチングウェッジでグリーンに乗せ、2パットで最小限のダボ。
【6番 PAR5】452(Dr)→250ヤード(21UT)→130ヤード(7i)→4m
だらだらと打ち上げになっているので距離よりも距離を感じるホール。ティーショットは、良い感じでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、安定感のある21度のユーティリティを打ったもののトップ…それでも3打目は、130ヤード残りから7番アイアンで、しっかりとグリーンに乗せて、4mのパットは惜しくも入らなかったもののパーをセーブ。
【7番 PAR3】138ヤード(8i)→10ヤード(pw)→1m
最初にご紹介した富士山が綺麗に見えるショートホール。ティーショットは、8番アイアンで打ち、風にも流されて左に外し、そこからのアプローチを1mと寄せてパーをセーブ。
【8番 PAR4】373ヤード(Dr)→124ヤード(8i)→30ヤードバンカー(52)→15ヤード(52)→10cm
大きな打ち下ろしがあるホールで、ティーショットは、良い感じで250ヤードのショット。セカンドショットは絶好のチャンスから、8番アイアンでトップしてバンカーへ…難しい距離のあるバンカーからグリーンの手前に打ってしまい、そこから再度のアプローチは、あわやの10㎝で、なんとかボギー。
【9番 PAR4】344ヤード(Dr)→138ヤード(8i)→20ヤード(56)→5m
ティーショットは、天ぷら気味でしたがフェアウェイへ。セカンドショットは、8番アイアンが少し天ぷら気味で、グリーン手前へ。そこから5mと寄せきれずにボギー。

ドライバーに関しては、胸を大きく右に向けるイメージでやることでショットの強度が増した気がします。
ただ、アイアンになるとタイミングが合わないのか良い感じにならず、苦労して前半終了。

【10番 PAR5】514ヤード(Dr)→230ヤード(5W)→100ヤード(9i)→6m
ティーショットから打ち下ろしで、セカンド以降は打ち上げになるロングホール。ティーショットは、良い感じでフェアウェイをキープし、セカンドショットは、やや当たりが悪いものの残り100ヤード地点まで運び、そこから9番アイアンで6mの位置につけ、これを沈めて本日2つ目のバーディー!!!
【11番 PAR3】150ヤード(6i)→20ヤード(56)→1m
ティーショットは、6番アイアンで良い感じだったものの右からの風に流されてグリーンを外し、そこからのアプローチは、56度で1mにつける。しかし、これを沈めることができずにボギー。
【12番 PAR4】382ヤード(Dr)→130ヤード(7i)→10ヤード(PW)→1.5m
打ち下ろしがグリーンまで続くホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、左足下がりから7番アイアンで良い感じだったもののわずかにグリーンを外し、そこからのアプローチは、1.5mと寄せたものの入らずにボギー。
【13番 PAR3】165ヤードOB(26UT)→30ヤード(56)→6m
ピンまでの間に崖があるホール。ティーショットは、トップして崖の中へ…ここは、前進4打でなく3打というルールなので、そこから56度で6mと寄せきれなかったものの、ここから2パットでダボ。
【14番 PAR5】386ヤード(Dr)→210ヤード(5W)→20ヤード(56)→1m

以前の台風の影響で、極端に短いロングホール。ティーショットは、やや左目のラフへ。セカンドショットは、5番ウッドで、グリーンやや右サイドへ外し、そこからのアプローチは、1mと寄せて楽々バーディーと思いきや、これを外してパー。
【15番 PAR4】425ヤード(Dr)→175ヤード(26UT)→20ヤード(52)→1.5m
左ドッグレッグでとても狭く感じ、我々の中では難易度1,2を争うホール。ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイを抜けてラフへ。セカンドショットは、フォローの風もあり、短めのクラブでグリーン手前に運び、そこからのアプローチを1.5mとして、それを沈めてパー。
【16番 PAR4】330ヤード(Dr)→90ヤード(PW)→4m
ティーショットの落としどころが広くノンプレッシャーホール。ティー所とは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、ピッチングウェッジで4mのバーディーチャンスにつけたものの、ここから3パットしてしまいボギー。
【17番 PAR4】262ヤード(Dr)→104ヤード(8i)→20ヤード(52)→1.5m
ティーショットの途中に崖があり、セカンドは砲台になるホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、8番アイアンでミスショットしてしまい、アプローチは、砲台に向かって20ヤードのショットは、1.5mにつけ、これを沈めてパー。
【18番 PAR4】330ヤード(Dr)→100ヤード(9i)→30ヤード(52)→5m
ティーショットは打ち下ろし、セカンド以降はグリーンに向かった上っているホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、やや上がりすぎてアゲインストの風に流されショート。そこからのアプローチは、カラーへ。ここからパターで2パットに収めてボギー。

ドライバーのイメージは良い感じになってきたもののアイアンが調子あげられない展開。ショートパットも外してしまったのが残念。

結果42-41で70台を出すことができず。

総丘カントリー倶楽部基本情報

住所

〒299-1755 千葉県富津市田原1021

総丘カントリー倶楽部
電話

0439-68-1351

ホームページ
http://www.pacificgolf.co.jp/sohkyu/
開場日

1973年5月10日

設計者

御木 道正

ホール数

18ホール(OUT,IN)

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© おじさんゴルフ研究所 , 2023 All Rights Reserved.