ラウンド記録

千葉国際カントリークラブ【PGM】(千葉県長生郡長柄町)でラウンドしてきた-砲台グリーンも多くアプローチに苦しめられた-

投稿日:2020年3月3日 更新日:

今日は、千葉国際カントリークラブ【PGM】(千葉県長生郡長柄町)でラウンドしてきました。初めて行くコースですが、45ホールあるコースで、今回は「竹」コースを回りました。

クラブハウス前には、カートが所狭しと置かれています。さすが45ホールあるゴルフ場といった所でしょうか。

さて、そんなコースのスコアですが…

この日は、INコースのスタートでした。

【10番 PAR4】
ティーショットは、やや右目の出てバンカーへ。アゴが近かったので、出すだけになり、3打目は、残り110ヤード。これがピンにあたり1mで止まり、これを沈めてパー
【11番 PAR4】
距離のないミドルホールなので、ユーティリティでティーショットをして、残り70ヤード地点へ。打ち上げを考慮して、P/Sで打った打球は、大ダフリ、その後のアプローチも寄せることができずにダブルボギー
【12番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドもフェアウェイをキープし、3打目は、120ヤードをショートして、バンカーへ。これが大目玉となり、出すだけ。5打目を乗せて2パットのダブルボギー
【13番 PAR4】
ティーショットは、5Wでフェアウェイをキープ。セカンドは、グリーンオンしたか?と思ったが少し大きくてカラーへ。そこからのアプローチを寄せてパー
【14番 PAR4】
右ドッグレッグホールのティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、ピン4mにつけて、これを沈めてバーディー
【15番 PAR3】
気分が乗ってきた所で迎えたショートで、ワンオンし、7mのバーディチャンスでしたが、強めに打ってしまって、ピンを大きくオーバーして3パットのボギー
【16番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは距離が残りグリーンに届かず。アプローチをつけてパー
【17番 PAR3】
ティーショットは、6番アイアンでショート。アプローチも寄せきれずにボギー
【18番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは、5Wで残り60ヤード地点まで運び、アプローチを3mにつけて、これを沈めてバーディー

前半は、ティーショットは、安定していたこともあり、2つのバーディーを奪う事ができたもののダブルボギー2つが大きく響き30台をマークすることができず。やはり距離の不足を感じるラウンドでした。また、安定感がないので、大きなミスをしないショットを心がける必要があると感じます。

70台も狙えるのか?という感じの後半戦です。

【1番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、5Wを持たなくてはならない展開。グリーン手前に持って行ったものの、アプローチが寄せきれずにボギー
【2番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、これまた5Wを持ち、グリーン手前まで持って行ったもののアプローチが寄せきれずにボギー
【3番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープ、セカンドはやはり距離が残り、アプローチが寄せきれずにボギー
【4番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドもフェアウェイに刻み、3打目は乗せる事ができなかったもののアプローチを寄せてパー
【5番 PAR3】
ティーショットは、グリーンを捉えたものの3パットでボギー
【6番 PAR4】
ティーショットは、3Wで左に引っかける。セカンドは、超砲台グリーンで乗せる事ができず、3打目も乗せられずに4オン2パットのダブルボギー
【7番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドは5Wで残り160ヤード地点まで運んだものの3打目を乗せられずアプローチも寄せきれずにボギー
【8番 PAR3】
ティーショットは、大きくダフリセカンドは、乗せたもののかなりオーバーしてしまい、そこから3パットのダブルボギー
【9番 PAR4】
ティーショットは、フェアウェイへ。セカンドは、乗せる事ができずにアプローチは、やや大きめ。そこから連続3パットでダブルボギー

結果ハーフ3ダブルボギーを叩いてしまい、47で終戦。長いホールが多かったのと砲台グリーンが多かったので、アプローチが難しかったことが要因。ドライバーの飛距離アップが確実に課題として挙げられるラウンドになりました。

パッティングが良くなったのに、その辺がイマイチって感じですね。

 

 

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2020 All Rights Reserved.