ラウンド記録

南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)でラウンドしてきた-3パットが4回と4パットが1回絶句!-

投稿日:2020年12月21日 更新日:

今日は、南総ヒルズカントリークラブ【PGM】(千葉県富津市)にてラウンドしてきました。

ここは、9ホール×3コースの計27ホールあるのですが、今回は、西→東でのラウンドでした。

朝は、だいぶ寒さが堪える季節になってきましたが、この日は、とても良い天気でした。

スタート時は、こんな感じで寒さを感じながらでした。グリーンは、結構凍ってました。

さて、結果です。

【西1番PAR4】
距離のないPAR4なので、ティーショットは、ユーティリティでやや右サイドのラフへ。セカンドショットは、9番アイアンでグリーンにオン。凍っていたので、結構奥まで行ったしまったけど、なんとか2パットで沈めてパー。
【西2番PAR5】
やや右ドッグレッグをしているPAR5。ティーショットは、やや右目に出てバンカーへ。セカンドショットは、バンカーから8番アイアンで出しフェアウェイをキープ。3打目は、7番アイアンでグリーンオン。5mの下りのラインのパットは、思ったよりも転がらずにショートしてしまい、それも入れることができずに3パットのボギー。
【西3番PAR4】
打ち上げになり、ティーイングエリアからは、ピンが見えないホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、ナイスオン!と思ったのが凍っていて跳ねてグリーンオーバー。アプローチは、狙ったところに落としたもののこれまた跳ねて再度オーバー。そこからの4打目を1mにつけてしぶとくボギーで終わる。
【西4番PAR3】
短い距離で打ち下ろしのPAR3は、9番アイアンでグリーンオン。7mほどのバーディートライは、これも転がらずにショート。これも沈められずにボギー。本日2度目の3パットです。
【西5番PAR5】
やや打ち上げに見えるPAR5は、ティーショットは、やや右目に出てラフへ。セカンドショットは、ユーティティーでフェアウェイをキープ。3打目は100ヤードをナイスショットしたもののこれまた跳ねてグリーンオーバー。アプローチは、良い感じで転がり、1mにつけて沈めてパー。
【西6番PAR4】
ティーショットは、右に出てラフへ。セカンドショットは、6番アイアンでグリーン手前へ。アプローチは、少し跳ねてしまい、ピン奥4mだったもののこの下りのラインを読み切りパー。
【西7番PAR3】
160ヤードのPAR3。5番アイアンで打った打球は、良い感じでピンに向かっていったものの1mほどショート。アプローチは、良い感じで1mにつけてパー。
【西8番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドは、ピン手前3mにつけるバーディーチャンス。このパットは、惜しくもあとひと転がりで、入らずにパー。
【西9番PAR4】
少し距離があるPAR4。ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドショットは、6番アイアンで、グリーンオン。10m近いパットは、ショートしたものの、これを沈めてパー。。

2回3パットがあったことが悔やまれるものの、これは氷のグリーンという事もあり、ある意味では仕方ないと思えた。それでも、前半39で回れたので、午後に期待が持てる。

【東1番PAR5】
手前に崖、途中にも崖と、1発失敗すると大きくスコアを崩す可能性があるPAR5。ティーショットは、中央にそびえたつ木の真後ろへ。セカンドショットは、低めの球で、フェアウェイに出して、3打目は残り130ヤードの打ち上げから良い感じでピンに行ったもののまだグリーンが固いのか奥まで行ってしまい、カラーからのパットは転がらずにショート。ここも痛恨の3パットでボギー。
【東2番PAR4】
距離がないPAR4。ティーショットはフェアウェイをキープ。セカンドショットは、良い感じでいったものの氷のグリーンに阻まれてグリーンオーバー。アプローチは、良い感じで70㎝につけてパー。
【東3番PAR5】
籠の中からティーショットを打つという珍しいPAR5。セカンド地点から先が見えないので、トラブルも多いホールで、ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドショットは、見えないところに打っていくショットは、ユーティリティでセンターへ。残り120ヤードの3打目は、グリーンオン。4mのバーディーチャンスから2パットでパー。
【東4番PAR4】
距離がないPAR4は、ティーショットは、右のラフへ。セカンドショットは良い感じで打ったもののアゲインストの風に押されてショート。アプローチは、イメージ通りで1mにつけてパー。
【東5番PAR4】
やや左ドッグ目でティーショットの狙い処が難しいPAR4。ティーショットは、今日イチショットでフェアウェイを捉える。セカンドショットは、アゲインストを考慮して大きめのクラブでグリーンを捉える。5mのバーディートライは、強く行き過ぎてオーバーして返しも入らずのボギー。パーオン3パット…本日4度目。
【東6番PAR3】
ティーイングエリアから少し遠く感じるPAR3。ティーショットは、5番アイアンで良い感じだったもののややショート。アプローチは、少し強めに入り、1mオーバーし、これを入れることができずにボギー。
【東7番PAR4】
やや打ち下ろしを感じるPAR4。ティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドショットはややダフリ気味だったものの7mにオン。2パットでパー。
【東8番PAR4】
距離がなく、飛距離が出る人はワンオンもチャレンジできるPAR4。ティーショットはユーティリティでフェアウェイをキープと思いきや、くぼんだ地点へ落ちてしまっていて、セカンドショットは、ピンが見えない状況で打ったらピンをオーバーして、6mのバーディーチャンス。このパットがショート。次は、思いっきり下りのラインを打ったら、オーバーして2m残してしまい、3パット目も入らずになんと4パットでダブルボギー。70台を狙える状況から大きな失敗。
【東9番PAR3】
160ヤードのPAR3。ティーショットは、26度のユーティリティでうまく打つことができずにグリーン手前の崖へ。前のホールを引きずっている形で、前身4打からグリーンに乗せたものの2パットでトリプルボギー。

結局、後半は上がり2ホールでダボ、トリという展開になり、結果44で終戦。パットが36パットという結果では70台を狙う事はできないですね。パーオン率が56%と高水準だったので、もったいないラウンドでした。ショットの調子は良かったので、来週の今年最後のラウンドに期待したいです。

南総ヒルズカントリークラブ基本情報

住所

〒299-1731 千葉県富津市田倉865-1

南総ヒルズカントリークラブ

 

電話

0439-68-1351

ホームページ

http://www.pacificgolf.co.jp/nansohills/

開場日

1977年5月14日

設計者

赤屋 弥次

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン

コース名

東コース、中コース、西コース 各9ホール

距離

9,746ヤード

 

 

-ラウンド記録
-, ,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2021 All Rights Reserved.