ラウンド記録

勝浦ゴルフ倶楽部にて月例競技に参加してきた!-手応え感じるラウンドも3つのトリプルで自滅-

投稿日:2021年9月5日 更新日:

今日は、メンバーコースである勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)で月例競技に参加してきました。勝浦ゴルフ倶楽部(千葉県勝浦市)の月例は、AクラスとBクラスがあり、ハンディ13になるとAクラスに昇格することができます。

現在ハンディ13の私ですので、Aクラスの中では、一番のハンディを持ってるのでチャンスあるかな?と思うのですが、毎回中々うまくいきません。

この日は、雨が降っていてコンディション的には厳しいものがありました。

勝浦ゴルフ倶楽部には打ちっぱなしの練習場がないので、ゴルフ場入り口にあるジョイゴルフという練習場でワンコイン分打ってからゴルフ場に行くのがルーチンになっています。

ということで、結果です。

さつきコース

【1番 PAR4】
打ち下ろしの距離のないパー4のティーショットは、1Wを引っ掛けてOBゾーンへ。打ち直しはフェアウェイをキープし、4打目は、少しダフッてしまいショートし、アプローチは、2mに寄せたものの入れることができずにトリプルボギースタート。
【2番 PAR3】
ティーショットは、アゲインストを考慮してユーティリティでグリーンオン。6mのバーディーチャンスは、惜しくも入らずにパー。
【3番 PAR4】
ティーイングエリアからは、打ち上げになっていてスタイミーなティーショットは、フェアウェイをキープ。セカンドショットは、8番アイアンでグリーン左に外して、アプローチは、2mと寄せたものの入らずにボギー。
【4番 PAR4】
距離を感じるホールのティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、200ヤード以上残った状態で5Wでショート。アプローチは、3mとしたものの入らずにボギー。
【5番 PAR5】

グリーンに近づけば近づくほどに狭くなるホール。ティーショットはやや左目のラフへ。セカンドショットは、フェアウェイをキープし、3打目は、距離が残り、ユーティリティで右の方へ。隣のホールまで行ってしまったボールは、なんとか見つかり木の下を通すアプローチでグリーンオンして2パットでボギー。
【6番 PAR3】
短い打ち下ろしのティーショットは、PWでグリーンオン。6mのバーディーパットは惜しくも入らずにパー。
【7番 PAR4】
中央に木があり、苦手なパー4のティーショットは、ユーティリティでティーショットし、フェアウェイをキープし、セカンドショットもユーティリティでグリーン手前20ヤードへ。アプローチは、ピンをかすめ1mにつけ、これを沈めてパー。
【8番 PAR4】
セカンドが池越えになるホール。ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、残190ヤードからユーティリティでグリーン横へ。アプローチは、よい感じで2mにつけて、これを沈めてパー。
【9番 PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、良い感じでフェアウェイへ。3打目は、グリーンをとらえたものの、長いバーディーパットは寄せることができてパー。

スタートからOBをうち、どうなることかと思ったものの、なんとか立ち直り、上り4ホールを連続パーとして、自分のハンディでアンダー圏内の42で前半を終える。

さくらコース

【1番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、ややトップ目でグリーン手前へ。アプローチは、2mにつけたものの入らずにボギー。
【2番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、200ヤード残った状況でユーティリティでグリーン手前へ。アプローチは、50㎝につけてパー。
【3番PAR3】
ティーショットは、26度のユーティリティでグリーンをとらえ、8mのバーディーパットは、打ち切れずにショート。2mのパーパットを外して3パットのボギー。
【4番PAR4】
ティーショットは、やや右に出てバンカーへ。セカンドショットは、バンカーからバンカーへのミスショット。3打目は、出たと思ったところ、前のバンカーのレーキにあたり再びバンカーへ。4打目もガードバンカーへ入ってしまい、ここからは、ピン1mとしたもののこれを外してトリプルボギー。
【5番PAR5】
ティーショットは、距離を出したい気持ちで打ち、左に引っ掛けて木に当たり、2打目は、気が邪魔なショットでフェアウェイへ。3打目は、左サイドで置き、4打目は、グリーン手前へ。5打目のアプローチはトップしてグリーンオーバー。下りのラインからのアプローチはうまく打ったものの3mとしてしまい、6オン2パットのトリプルボギー。
【6番PAR4】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、8番アイアンでグリーンオン。4mのバーディーパットは、惜しくも入らずにパー。
【7番PAR4】
ティーショットは、やや左サイドに出てラフへ。残り150ヤードから6番アイアンでグリーンオン。3mのバーディーチャンスは、ややショートしてパー。
【8番PAR3】
ティーショットは21度のユーティリティでトップしてショート。2打目は、しっかりとグリーンをとらえ、3mのパーパットは惜しくも入らずにボギー。
【9番PAR5】
ティーショットは、フェアウェイをキープし、セカンドショットは、5Wで失敗ショット。3打目は220ヤード以上残りグリーンショート。アプローチは、ピン横3mにつけたものの、これを決めることができずにボギー。

後半は、ショートゲームは、それなりに良かったもののパットが入らないラウンド。ただ、3番のショートの3パットから流れが変わってしまい、連続のトリプルでスコアを崩してしまったのは、とても大きな反省点。やはり距離が出ないことでスコアが作れないことが多く、バックティからラウンドするには、そこが問題になるんだということを痛感。

結果、42-46で88で今回も入賞ならず。まだまだAクラスで入賞するには、腕が伴わないようです…

 

勝浦ゴルフ倶楽部 基本情報

住所

〒299-5202 千葉県勝浦市市野川628-1

勝浦ゴルフ倶楽部

 

電話

0470-77-0121

ホームページ

http://www.katsuuragolf.com/

開場日

1976年5月12日

設計者

菅 邦欣

ホール数

27ホール

グリーン数

2グリーン(ベント・コウライ)

コース名

さくら、つつじ、さつき 各9ホール

距離

10,480ヤード

-ラウンド記録
-,

Copyright© いつかは、パープレーゴルフ , 2021 All Rights Reserved.